でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

小屋

風もないのにゆーらゆら

・歌詞じゃないからセーフ。

・日本全国から任意にあばら家を100軒ピックアップして格付け評価してみたら間違いなく下位にランクインするであろうマイスイートホームですが、その責任の所在はおおむね後付けの壁と床にあるわけでして。
既存の駆体は本職の大工さんが建てた東屋なのでしっかりしたものです。

なので。
この柱と筋交いを見てくれ。こいつをどう思う?
20170715_064620
すごく・・・大きいです・・・。

・と★いう訳で、こんなものを買ってみました。
20170723_060110
20170723_060245
3シーズン用寝袋・冬用寝袋に続く第三の寝具、ハンモックです。
後ろに見える雑然とした荷物の山には触れてくれるな。

連日の暑熱は昨年とは比べ物にならず、夜になってもつらいです。
寝袋や床の冷たい所を探してゴロゴロするのもいい加減に面倒くさくなってきたので、意外とお安いこともあって試しに購入してみた次第。

・ナイロン100%のパラシュート素材を使用していて、薄く軽量なのに強度と耐久性に優れ、サラサラとした肌触りと通気性で抜群の寝心地。
吸水性と速乾性を兼ね備えてお手入れも簡単で、たためばペットボトルサイズに収まり携帯性もばっちり云々。

そんな感じの商品説明ですが、半月ほど使用してきた感想としてまったく異論はありません。
体がすっぽり包まれた状態になるので寝返りが打ちづらいですけど、寝袋を常用してきた身として今更な意見ではあります。
身じろぎするとぐらんぐらん揺れるので乗り物酔いし易い人には向いてないかも知れませんが、そーゆうのに無縁な自分にとってはたーのしー!な具合でばっちこいです。

そんな訳で、記事名はハンモックのことでした。
一体ナニを想像したんですかぁ?ゲーッスゲスゲスゲスゲス(二度ネタ)

肝心の暑さに対しては、風が吹いたらスースーしていっそ肌寒いくらいの通気性です。夜間どころか寝る前すら扇風機不要になりました。

それは有り難いんですけれども。
パラシュート素材なのに通気性が良いというのは、そもそも致命的に矛盾してませんかね。
論理的にというよりパラシュート使用者にとって致命という意味で。
まあ自分は迷惑してないからどうでもいいですけど。

20170723_054631
ちなみにたたんだ状態。隣りは一般サイズのマクラです。
収納袋は本体に縫い付けてあるので、紛失する恐れも有りません。二枚目の写真にそれっぽいのが視認できるのがお判りでしょーか。
ロープを繋ぐカラビナを外せば燃えるゴミとして処分するのも簡単です。もはや捨てることなどあり得ませんが。

天井板(・・・板?)の改修

先日のからあげ隊長の日記を読んだ結果。
ゴロー

・以前の天井断熱の顛末についてはこちらをご覧ください。

で、一年近くが経過した現状がこんな具合。
20170330_181936
20170330_181639
パッと見た感じだと判り難いかもしれませんが、段ボールの重みによって、いい感じに麻紐がだるんだるんに伸びてきてます。そして当然ながら段ボールも中心部に向けてずり下がってきて、
20170401_03
こんな感じで至る所が隙間だらけになってます。
それでも隙間に手を突っ込んでみたら、天井裏と室内とで結構温度差があったりして段ボールの断熱性能恐るべし。

・しかし機能性に問題は無くても、なんか別の形に変更したいとはずっと考えてはいました。
理由は、いつ麻紐がぶち切れて段ボールが降ってくるか判らなくて怖い、というのもありますけれども。
それより、段ボールやら新聞紙やらの紙類がゴッキーをはじめとする虫のエサおよび温床になる、というのを知ったのが大きいです。

夜中、なにやら天井裏でカサカサ聞こえるたびにあれは風音、あれは風音と言い聞かせてはきましたが。じわじわ暖かくなってくるにつれていい加減限界です。
しかし、ちゃんとした断熱材に変更するにしても、前の記事で言った通り、どの手法を採るべきか決めかねていたんですが。

あーなるほど。段ボールで上手くいってるんだから、そのままプラダンに変えてしまえば良かったんですね。何故気が付かなかったのやら。

・そんな訳で、天井の入れ替え開始。
先ずはシートを外して、段ボールを麻紐の間から引きずり下ろしていきます。
20170401_04
意外とエグいモノが降ってくることはありませんでした。
せいぜいカメムッシーが何匹か、というくらい。
他の虫とか、いっそ爬虫類や哺乳類のフレンズとこんにちはする覚悟も完了しておいたんですが。

ただし、ホコリその他のゴミは遠慮なく降り注いできます。掃除機をガンガンぶん回しながら作業続行。

・久方ぶりに屋根裏を目にしました。
折角なので、ついでに換気口も開けてしまいます。
20170401_05
かつてはバーベキューハウスだった我が家。その煙抜きの穴をすっかり塞いでしまったため(写真のモザイク状の部分)、夏どころか5月初めには熱気が籠ってしまう状況でした。
なので、板切れを一枚だけ外して網戸用の網の残りを貼って虫などが入らないようにします。

20170401_06
頂き物の脚立と網戸用網の残り。
こんなこともあろうかと。ちゃんと準備はしてきてたんです。こんなこともあろうかと。

20170401_07
脚立様の雄姿。
「高さが足りねえ!?」
と一瞬焦りましたが。自分の身長を失念してました。屋根裏の最頂点までちゃんと手が届きます。

20170401_083707
網貼り完了。
タッカーの針が文字通りに腐るほど残ってるので、ジャブジャブと打ちまくります。
ちなみに、この白いモコモコは蟲の卵とかじゃなくて発泡ウレタンです。
ボンドが固まったみたいなのはシリコンコーキング。
見えない箇所なのを幸いに、この上なく雑な隙間対策っぷりです。むしろこの下ないと言うか。

南北両方に換気口を開けたら、けっこう風が通ります。
真冬とかは寒いかも?板で塞げるようにした方が良い気がしますが、さしあたってはこのままで。

20170401_085206
軽トラに段ボールを積み込んで、廃品回収ボックスへゴー。
少々埃っぽい以外、まるで傷みはありませんでした。陽に当たってないからでしょうか。

20170401_132050
そして購入したプラダン。
耐候性とか気にする必要がないので、ポリカーボネート製ではない普通の安価なプラダンです。

20170401_140012
麻紐とかはそのままに、プラダンをセット。
自重でたわむのは想定内です。ポリカプラダンなら硬いのでもっと真っ直ぐだったかもしれませんが。
一見段ボールと状況が改善してないように見えますが、端までぴっちりと詰まって隙間はほとんどありません。

20170401_140507
ガンガン並べていって微妙に足りない隙間は、一年前に窓を作った際の残りのポリカプラダンで埋めます。ずっと肥やしになってた在庫を有効活用。

20170401_161457
切れ端をテープで繋いで有効利用。プラダン2枚分の面積をツギハギシートで賄いました。

20170401_164326
そして完成・・・・・・!
段ボールと違って、圧迫感がありません。
軽さが全然違いますし、そもそもたわみながらも桁の間に突っ張ってる状態で、麻紐に乗ってません。麻紐を引っ掛けてるフック金具に乗っかってる感じですかね。

20170401_164412
ポリカプラダンの余りを使い切ることが残念ながら出来ず。
プラダンの余りも、捨てるには微妙に惜しいサイズでどーしたものか。
取り敢えずポリカプラダンを置いていた場所に両方戻しておきました。

掃除をしつつ荷物を動かしつつ作業をしていて思ったんですが。
なんか自分、荷物が増えたなー。
主に狩猟関係なんですが。
工具やら道具やらが少々ゴチャついてきました。また近々断捨離しないといけません。

・なんかこーいう感じの記事、めっちゃ久し振りに書いた気がします。
そういえばこのブログ、元は小屋暮らし系のブログだったんですよね。
いや元はじゃなくて今でもそのつもりではいるんですけれども。

雨漏りしとるorz

・夜中の3時頃、強い雨音と異音で目が覚めると雨漏りしてました。

ただ、強く降ってるときだけのようで、雨が弱まってきた今現在は雨漏りは止まってます。雨自体はずっと降り続いているんですが。
一体どんな不具合が起きているのやら。
これまで何回か大雨はありましたが雨漏りしたことは無かったんですが。
昨日風が強かったみたいなので、屋根材がめくれてるのかもしれません。ガッデム。

「草 生える」

”ネット用語の意味まとめ”より。
「草 生える」の意味

「笑える」という意味です。

「草」というのは「w」のこと。
見た目が草なので、w=草となった。

wというのは「(笑)」の意味。
「warau」の「w」を取ったものです。

よって、「草生える」というのは「笑いが生まれる」という意味。
単純に「笑える」という意味で使われています。

派生語としては「草原」があり、
これは「wwwwwwwwww」と草が多量に生える=大笑いを表現しています。
「大草原」と使われることも多い。

「これは草」と「生える」と言わないことも多い。
というかこちらが先に生まれたか?
「草タイトル」というのは「奇跡の発見wwwwww」という草原が入ったタイトルのこと。

なんにせよ「草=笑」と思っておこう。

”日本語表現辞典 Weblio辞書”より。
草 生える
読み方:くさはえる

主にネット上や若者の間で笑っていることを意味する「w」を草に見立てて、面白いと感じていることを指すスラング。また、絶対に笑ってしまうことを指して「草不可避」と表現したり、ものすごく笑っていることを「大草原」と表現したりすることもある。

それでは以上を踏まえた上で、次の画像を御覧下さい。

20160616_草01

20160616_草02


ここで一句。

  家の中
   草 生えてきて
    大草原


(意訳:
 ふと気づくと室内に草が生えていた。
 そのうち家中が大草原になるのだと思うと爆笑ものですなあ)

こwwwwwれwwwwwはwwwww
テラうめえwwwwwwwwwwwwww
まwwwwさwwwwwにwwww草不可避wwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwwっうぇ



20121219135915ea8

完。

網戸の改良

(前回の記事はこちら

クソ暑い(直球)。

天井断熱とか色々とあがいてきましたが無駄の無駄無駄無駄。ついでに無駄。
室内に籠った熱気を排出すべく、開口部を広げないとどうにもなりません。

そんな訳で現状の網戸。こちらは外出時モード。
20160611_05内観旧
在宅時は突っ張り棒を縦にしてますが、ぶっちゃけ開口度合に大差ありません。

窓はもっとがーっと開けることは出来るのですが、網戸の押さえも兼ねた突っ張り棒がありません。
適当な材を買ってきてもいいんですが、そもそもこの網戸をセットするのが面倒くさいんです。
大分手慣れてはきましたが、それでも二面をセットするのに3分はかかるのでここ半月以上お出かけモードで開けっ放しです。

もっと手軽に窓の開閉と網戸のセットが出来ないものかとここ数日考えていたんですが。
ふと周りのお宅を見てみれば、そういえば普通の網戸は窓で挟まないで窓の外に設置してあるんだよなーと、ごく当たり前のことに気が付きました。これぞコロンブスの卵的発見・・・・・・!(違)


という訳で本日のお買い物。
20160611_01網とタッカー
左は百均の網戸用網。右はタッカー。壁紙を貼ったり椅子の座布を張り替えたりするのに使う、つまりはホッチキスです。
このタッカーを使って、窓の外に網を直接貼ってしまえばええやん、という寸法です。
20160611_02外観旧

針を打ち込みまくってる最中。
20160611_03タッカー打ち込み
バチコーンな手ごたえに最初戸惑ってズレまくってるのはご愛敬。
おまけで針が200本も付いてきてるので遠慮なく打ち込みまくります。

取り敢えず完了。
20160611_04外観新
右端の余りは切り落とすか、右の窓に中途半端に貼るか考え中。
他の網と縫い合わせて繋ぐことが出来ればいいんですがどーしたものか。

そして内観。
20160611_06内観新

ブラボー!おお・・・ブラボー!!

自慢じゃありませんが、自分が何かを思いついてそれが一発で上手くいくなんて滅多にありませんよ?
ほんとに自慢じゃありませんけど。

とにかくこれで、窓を開けるとそれだけでオートマティックに網戸状態へ移行出来るようになりました。
なんという最先端。
冬にどうするかは知らん。
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ