でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

生活

寒ッ↑イイ↓ksガァァァ↑

・ちょっとメリハリ効かせすぎじゃないですか>天。
まだもうちょっと気温高くていいから、数日前までの酷暑をなんとかしときやがれ>天。

それはさておき。
風邪をひくのも嫌なので、布団を一枚引っ張り出しました。
布団というか寝袋なんですけれども。
3シーズン用のペラい千円程度の安物ですがこれくらいの気温だとちょうどいい感じで、ハンモックとの親和性も思った以上で、収まったときのスッポリ感が半端ないです。

ただ、寝る時の体勢づくりなんですが。
まず寝袋に入って、それからハンモックによっこらせっと寝っ転がってからモゾモゾと蠢きつつジャストな姿勢に持ってくるんですけれども、その際ロープがギッチギッチと軋むのがあんまり気持ちよくないです。
カタログスペックだと耐荷重200kgなので滅多なことは無いでしょうし、万一切れたとしても高さ30cmを落下したところで大事ないはずですけれども。
あと、本を読むときに肩から上を露出するので冬とかめっちゃ寒そうです。

なので、これらをクリアしてしまうこんなものに興味がそそられたり。

着る寝袋。
正直言って狂気の産物だと思ってたんですが、まさか購入を検討する日が来るなんて人生とはままならぬものですなあ。
まあマジ返答すれば、ハンモックはあくまで暑さ対策なのですから涼しくなって来たらまた床に寝っ転がればいい話ではあります。
去年買ったばかりの、真冬用の寝袋もあるわけですしね。

・話は変わって、今朝の見回り中のワンシーン。
20170901_063343

これだけだと判りにくいかも知れませんのでテロップなど追加してみますと。

20170901_063344

ksがあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ

こんな事態にならないよう、斜面の上り口や降り口など確実に踏む場所に罠を仕掛けるとか、あるいは石や枝など障害をおいて罠を踏むよう誘導するとか、色々工夫するのが罠師の腕の見せ所です。
もちろん自分も一応は小細工を施してまして、そもそもこのポイントは春から2頭を仕留めた実績があるので、今回は体格とか利き足などの違いによる偶々の不具合だと思います。

ていうか、こんな状況は頻繁に至る所で発生しているんでしょうけれども。
ここまであからさまに痕跡が残ってるのも珍しいので、思わずカメラに収めてしまった次第です。
そしてこうして改めて状況を振り返ってみると、悔しさと切なさと不甲斐なさがぶり返してきてksおおおおおおおおおおおぉぉぉぁあああぁぁぁぁぁぁぁ

頭痛が痛い

・頭が頭痛、でも可。
いや良くない。つまりはどうでもいいんですけれども。

・今日の終業前からどうもおかしな具合だったんですが。
退社してから頭痛がどんどんヤバげになってきまして、車の運転に支障が出るのを自覚するまでに至ってしまいました。
これは本気で命がまずいと道中のコンビニに一時避難し、さてどーしたのもかとハンドルに突っ伏して。

ふと気が付くと、一時間ほど眠り込んでいました。

・文字通りに「気が付くと」みたいな感じで、寝ていたという自覚も無いくらいで。
目を開いてしばらくの間、ここは誰、ワタシは何処?とマジ寝ボケするほど爆睡してました。

それでスッキリシャッキリ完全回復、とまでは行きませんが、頭がまだ少しだけ重いカンジ、という処までリフレッシュ出来てました。
睡眠て偉大。
ていうか只の寝不足だったんですかねコレ。
別に昨晩は夜更かししたワケでもないんですが。
――疲れが溜まってた?
お盆休みの間、一昨日まで実家で怠惰に過ごしてたんですが。
――熱中症?
午後はずっと冷房の効いた事務室でPC作業でしたし、水分も摂ってましたし。
――歳のせいでは?
いやいやいやいやいやいやいやいやいや。

風もないのにゆーらゆら

・歌詞じゃないからセーフ。

・日本全国から任意にあばら家を100軒ピックアップして格付け評価してみたら間違いなく下位にランクインするであろうマイスイートホームですが、その責任の所在はおおむね後付けの壁と床にあるわけでして。
既存の駆体は本職の大工さんが建てた東屋なのでしっかりしたものです。

なので。
この柱と筋交いを見てくれ。こいつをどう思う?
20170715_064620
すごく・・・大きいです・・・。

・と★いう訳で、こんなものを買ってみました。
20170723_060110
20170723_060245
3シーズン用寝袋・冬用寝袋に続く第三の寝具、ハンモックです。
後ろに見える雑然とした荷物の山には触れてくれるな。

連日の暑熱は昨年とは比べ物にならず、夜になってもつらいです。
寝袋や床の冷たい所を探してゴロゴロするのもいい加減に面倒くさくなってきたので、意外とお安いこともあって試しに購入してみた次第。

・ナイロン100%のパラシュート素材を使用していて、薄く軽量なのに強度と耐久性に優れ、サラサラとした肌触りと通気性で抜群の寝心地。
吸水性と速乾性を兼ね備えてお手入れも簡単で、たためばペットボトルサイズに収まり携帯性もばっちり云々。

そんな感じの商品説明ですが、半月ほど使用してきた感想としてまったく異論はありません。
体がすっぽり包まれた状態になるので寝返りが打ちづらいですけど、寝袋を常用してきた身として今更な意見ではあります。
身じろぎするとぐらんぐらん揺れるので乗り物酔いし易い人には向いてないかも知れませんが、そーゆうのに無縁な自分にとってはたーのしー!な具合でばっちこいです。

そんな訳で、記事名はハンモックのことでした。
一体ナニを想像したんですかぁ?ゲーッスゲスゲスゲスゲス(二度ネタ)

肝心の暑さに対しては、風が吹いたらスースーしていっそ肌寒いくらいの通気性です。夜間どころか寝る前すら扇風機不要になりました。

それは有り難いんですけれども。
パラシュート素材なのに通気性が良いというのは、そもそも致命的に矛盾してませんかね。
論理的にというよりパラシュート使用者にとって致命という意味で。
まあ自分は迷惑してないからどうでもいいですけど。

20170723_054631
ちなみにたたんだ状態。隣りは一般サイズのマクラです。
収納袋は本体に縫い付けてあるので、紛失する恐れも有りません。二枚目の写真にそれっぽいのが視認できるのがお判りでしょーか。
ロープを繋ぐカラビナを外せば燃えるゴミとして処分するのも簡単です。もはや捨てることなどあり得ませんが。

ひぎぃぃぃ壊れたぁぁぁぁぁ

・連日の暑さで脳が、とかではなく。
先日購入した草刈機が早速動かなくなってしまいましたksg。

・4月の終りに購入して以来3カ月弱、ひと月に1、2回のペースで使用してきたんですけれども。
普通に草刈をしてたある日のこと。ふと気が付けば、基本的には勝手に自給される、そうでなくてもちょちょいと操作すれば適当に伸びる筈のナイロンコードがさっぱり出て来なくなりました。
とうとうコードが尽きたかと思いリールを取り外してみればまだ大分残っていて、はて面妖なと思いつつ元に戻して作業を再開しようとしてみれば、スイッチを入れてもうんともすんとも言わなくなってしまいました。

・コードリールのセットの具合は説明書と本体を何度見合わせても問題なし。
のび太のママ直伝の斜め45度チョップも効果が無く、どーしたものかとスイッチをカチカチしてたら何だか焦げ臭い気がしてきたので最早これまでと見切りをつけて、購入店へ修理に出しました。
幸い一年有効の保証書と購入時のレシートを保管していましたので。

・使いすぎた、ということでもない筈なんですよね。
前述の通り、偶にしか使用していませんし。
それぞれの作業時には稼働30分・充電60分のバッテリーを2個使ってて、片方を充電してる間にもう一方で作業をする、つまりは30分毎に30分の充電待ち時間が発生してました。
なので連続稼働をし過ぎてた訳でもありませんし。
ぬうう。所詮はアメリカ製品か(偏見)。

ちなみに、斜め45度が致命打だったという訳ではない。筈。

・そして未だ修理から帰ってこない今日。
会社の草刈機を借りて、刈り残った部分を片付けてしまいました。
刈り残しといいつつ4分の3強の過半数なんですが。

会社の機械は通常の混合燃料をつかったエンジン式。
バッテリー式のように燃料が減るにつれてパワーダウンすることもなく出力は一定で、そもそも一回も給油しないまま30分くらいで作業完了してしまいました。
これだと全面刈っても一時間も掛からず終えられる計算でぐあああああ

右から左

・有害鳥獣駆除が始まって一週間が経過した現在のスコアはシカ2頭。
自分にしては、上出来なペースではないかと自画自賛してます。
会社へ獲物を持ち込む猟師メンバーの中では断トツのドベですけど気にしません。
ええ、気にしません。妬ましくなんかない・・・・・・!

・肝心の報奨金が支払われるのは、昨年と同様であれば遥か先の11月。
臨時収入キターッとか思って散財すると痛い目を見るんですが。
それはそれとして、金!使わずにはいられないッ!

別に無駄遣いするわけではありません。
狩猟とか日常生活とかで欲しかったツールを購入するのであって、これ即ち必要経費。
故に無駄ではないのです。

・まずはソリ。

獲物を獲ってから迅速に会社へ搬入するために、なるべく車を停める場所から近くでワナを掛けるように心がけてはいますが、そうそう都合の良い猟場が見付かるわけでもなく。それなりに奥まで踏み入った所にも掛けざるを得ません。

で。
そんな所で掛かった場合、長い距離を引きずり出すのはしんどいのもありますが、獲物を傷めることにもなります。皮が擦り切れたり内出血したりするので。
そういった事態を回避し、かつ一人でも手早く獲物を引き出せるようにソリを購入しました。

20170422_071033
右が購入したソリ。
左は、軽トラに獲物を載せる際に使用しているトロ舟です。大きさ比較のために並べてみました。

ちなみに会社では、農業用の樹脂製貯水タルを半分に切って作ったソリを使用してます。
ただ、獲物を運ぶ際にはヒモで固定したり、軽トラへ積み込むにはトロ舟へ載せ換える必要があったりと使い勝手がやや不便に感じてました。
なので、トロ舟としてもそのまま使えるこんな感じのソリが欲しかった次第であります。

20170422_071325
こちらは強化パーツ。砂利道やアスファルトで使用する際にソリ本体へのダメージを軽減するためのもの。

要はかったいゴム製バーです。
なんで3本なのかというと、幅が1.5倍くらいある別サイズのソリと兼用の商品で、そっちだと両端と真ん中の3本を使用するので。
自分が購入したサイズだと両端に2本装着するだけでオッケーです。
・・・なんで3本取り付けてるのかというと、説明書をちゃんと読んでなかったからですが文句あるんか。

20170422_173154
取付中の光景。
この後、てっきり4本あると思いこんで穴を開けてしまいましたよガッデム。
このまま使うと穴から血が流れ出て荷台がえらいことになるので、取り付けビスで塞いでおきました。
20170422_173959
説明書。ハイ、3本入ッテ書イテアリマスネー。
でも取り付けビス類は20本ずつ、即ちバー4本分の分量が入っていた不具合。
これだからアメリカ製は!(八つ当たり)

注文したのが有害鳥獣駆除が始まる直前だったので、届いたのは昨日。実戦投入はこれからです。

・次は、狩猟用具ではなく私物というか日用品というか。
充電式の草刈機を購入しました。
20170423_062455

去年は、休みの早朝に草刈鎌で手刈りしてましたが、近頃なんか腰がアレな具合なので自愛のために。
エンジン式は混合燃料の管理が面倒なので充電式。庭草はごっついのは生えてないので金属刃でなくナイロンコードで可。
で、近所(でもないですが)のホームセンターをハシゴして、比較検討の末に購入したのがこちら。
選んだ決め手は安かったからですが文句あるんか。
購入前に一応ググってみたら割と評判よかったから、というのもあります。

今朝、さっそく使用してみました。
びふぉー。
20170423_062500
20170423_062514
あふたー。
20170423_103049
20170423_103061
大して変わってないやん、と思った貴方は、残念ながら・・・目が・・・・・・

コード式は使い慣れてないので手間取ったというのもあります。
60分の充電で30分弱使用可能。
途中一回充電して、およそ一時間ほどで一通り刈り終えられたので、予備バッテリーを一個買っておけば良さそうです。

手刈りの時は、毎週末早朝から3時間くらいやって一通り終わるのに一ヵ月は掛かってましたから、もはや効率は計算するまでもありません。やはりモーター様は偉大・・・!

・こちらは購入品ではありませんがついでに紹介。
止め刺し用のニューウェポン。ドイツDick社製のスティッキングナイフ
20170423_114831
左はこれまで使っていた狩猟刀。
緒元は、刃渡り/刃幅/厚み/重量=240/33/6/420。
社長曰く、大きく分厚く重く止め刺しには大雑把すぎた。そうです。なので支給品としてこちらが貸与されました。
えーでもこの狩猟刀を購入する際、社長もこれがいいとか言ってたような。
まあでも確かに取り回しはすごい楽です。
重さは3分の1ですし、刀身はステンレスで柄はプラスチックなので、使用後はジャブジャブ洗っておけばそれだけでオッケーですし。
刃渡りは18cmで、狩猟刀しか使ってこなかった身としてはどうしても頼りなく感じてしまいますが、50kgオーバーのシカでも止め刺しに全く支障はありませんでした。

ちなみに狩猟ナイフではなく、解体や精肉で使うブッチャーナイフです。
狩猟で使うのはもっとナイフナイフした代物でないといけないと思い込んでいたのですが。
なるほど、動けなくなった獲物への止め刺しオンリーなら問題ないわけですね。
元気いっぱいな獲物に対し、棒に縛り付けて槍の穂先にするとかの使い方は不可能ですので念のため。
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ