でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

生活

献血とか外食とか

・この週末は確定申告書を作成するつもりだったんですが、昨晩だけで終わってしまいました。
入金も出金も大して件数があるわけでもないですし考えてみればそりゃそーだ。
そんな感じでぽっかりとやることが無くなったので、来週に予定していた献血に行って来ました。

・そんなわけで、京都は四条河原町へやって来たのだ。
20180218_095616
京都市以外の京都府民が、観光でもないのに市内をウロついていると京都市民様にバレたらぶぶ漬けを直腸注入のうえ鴨川に叩き込まれてしまいますので(激偏見)、そそくさと献血ルームへれっつらごー。

20180218_095918
突然広がる真っ白い空間。事前に知ってないと、初見時に鼻水吹きそうな佇まいではあります。

右に曲がるとこのノリのままで廊下が続きます。奥が受付への入口です。
20180218_095926
白いです。ひたすらに白いです。
壁に一定間隔で並んでる柱のようなカゴのようなこれ、よくよく見れば鉄棒とかじゃなくてロープでした。つまりは只の飾りという事で、無駄に凝ってます。材料費を削ってお洒落度をグレードアップしてるのかも知れませんがどうでもいい。

・柱といえば、阪大医学部の図書館を思い出しました。阪大生命図書館、通称パルテノン神殿。
あの柱を建てる分を他所の学部棟の建て替えに回せよ、みたいなことを、初めて見た豊中キャンパスの学生諸君は誰もが思ったとかなんとか。

そういえば数カ月前、20年近く振りに阪大坂下にとある用事で行ったんですけれども。
なんかやたらとお洒落な小径にリフォームされててビックリ仰天しましたよ。白い石畳だかタイルだかの敷かれた道がずーっと伸びてて、入口にはなんたら博物館が建っててその横に広々とした駐輪場が整備されてるし。
ただのアスファルト道の片側にぎっちりと自転車が並んでたあの光景は何処へ行った。

坂下から上へは行かなかったんですが、キャンパス内もさぞかし小洒落た様子に変わってるんでしょうね。
それで館下とか基礎工棟とか20年前のままだと笑えるんですけれども。
お笑いの聖地こと大阪の名を冠する大学なんだからそれくらいやってくれそうですが如何なものか。

・閑話休題。
受付から中は、写真は控えてくださいみたいな注意書きがあったので無し。
そんなにおかしな感じでは無かったですよ。入口に比べればまあ普通。

何時もの通り、400ml献血を選択。
やはり何時もの通り、針の刺しやすい血管ですねえとか褒められました。
自慢じゃありませんが、何処で献血しても言われるんですよね。
ていうか本気で自慢じゃないんですけれども。
この血管なら次はぜひ成分献血をお願いしますとも言われました。これは初めてでしたね。どうでもいいんですけれども。
何の関係があるのか疑問に思われるかもしれませんが、そんな事は僕だって知らん。

・そして何事もなく献血完了。
記念品と、駐車場の無料券を頂きました。
20180218_113525
ていうか駐車場の無料券、一枚で一時間無料なんですがめっちゃギリギリの時間分しかくれませんでした。
一日無料券とかじゃないのかよ。せめて半日分くらい寄越せ。
せっかくの四条河原町、色々な店があるというのに。そう、色々な店があるというのに。

・素直に駐車場代払え、とか無体なことを言う人はキライです。
ていうか、半額サービスとかならともかく、無料で済むなら無料のままで終わりたいと思うのが人情じゃありませんかよ。

ちなみに、献血ルームにいた時間分ではなく。
駐車場に入ってから献血を完了するまでの時間分の無料券が頂けました。
なので、先に他の用事を済ませてから献血をすれば、まるっと丸ごと無料券が貰えるのかも知れません。そのハズですけれど確認はしていませんので悪しからず。
朝から一日駐車場を利用して、夕方に献血して例えば8時間分の無料券が貰えるのかとかは不明。
例え貰えなくても僕は悪くない。

・駐車場への帰り道の途中にある金券ショップ。
20180218_111941
先日届いた某株主優待券を売却してお小遣いゲット。
事前に調べていたところ、こちらが一番買取価格が高かったのです。

・宵越しのあぶく銭は持たない。散財がてら、失った血液を補充します。
某ステーキハウスでおー昼ー。

先ずは野菜だ!
20180218_121135
もひとつ野菜だ!
20180218_121737
肉だ!
20180218_122125
デザートだ!
20180218_124111
若い頃はもっとガッツリとイケたんですけれどもねー。
最近は、回るお寿司とか行っても10皿超えたら死にそうになってトホホです。

・この後は、そのまま福知山に帰ってお風呂入って洗濯してまったりと。
大して動いてないので、夕飯は買い物ついでにお握りとか買って軽く済ませるつもりだったんですが。
お惣菜コーナーで見かけた天丼。
20180218_182438
タラの芽!?

一度食べてみたかったのですがこれまで機会がありませんでした。
見たことはありました。
店とかじゃなく、生で。ワナの見回りとかしてたら普通に生えてます。
木のトゲでぐあああとかなったことも数知れず。
なったというか、なることも数知れずという方が正しいかもなんですが。

採って食えよ、とか言われそうですけど天婦羅なんて出来ませんし。
でも今ググってみたら、油炒めのレシピとかあったんで春になったら試してみましょうかね。

それはともかく、そーいう事ですので思わず購入していまいました。
イートインにてレンジでチンして実食。

うん。まあ・・・うん。
お弁当の天婦羅って感じです。あとはまあ、野菜っぽい?
やはり天婦羅は揚げたてに限ります。

・そういえば、国道9号線を京都方面に走っていると、沓掛インターを過ぎたあたりで「えびのや」という天丼・天婦羅のチェーン店があります。
まいどおおきに食堂や串家物語で有名なフジオフードシステム系列のお店です。
天婦羅のお店なのにウリが明太子食べ放題という、コンセプトがブレブレなお店なんですけれども。

こちらでいつぞや天丼を食べたんですが。
揚げたてサクサクの天婦羅が出てくるのかと思いきや、タレをどぶどぶにぶっ掛けて、なんか全身しっとりしてました。カウンターの向こう、目の前で調理してるから揚げたてなのは間違いないんですけどね。揚げたて「だった」のは間違いないというか。揚げたての意味無ぇ。

そんなんだから味も濃いし。ご飯の底までタレが行き届いてるから明太子が辛い。辛くて辛い。
そして食べながら気付いたんですが、自分そういえば大して明太子好きじゃありませんでしたよ?

そういえば博多の人は明太子を食べないというのは本当なのでしょうか。
外貨獲得のための商品作物みたいなものだそーですけれども。

閑話休題。
そんな感じで天丼が残念な具合で、次は天丼ではなく天婦羅定食にしようとか思ってたんですが。
他の人の注文を横目でチラ見してたら、なんか天つゆに大根おろしがぶっ込んでありましたし。
自分で調整できんのかい。

始終こんな具合だったんで、結局再訪してないですねー。京都市内へ行くたびに通りかかるロケーションなんですが。やはり天婦羅チェーンはさん天こそがNo.1ですわ。だからもっと店舗増やして。

・そんなこんなでオチのないまま終わり。次の献血は5月なのでそれまで造血に勤しみます。

リフォーム完了

・我が家のキッチン・兼・冷蔵庫・兼・wifiルーター・兼・トイレ、
すなわち近所のローソンが、リフォーム工事を完了して一週間ぶりに営業再開したので行って来ました。

20180201_072827
お一人様席出来ターーーーッ!

20180201_072833
トイレが増えてるぅーーーーー!

そ★し★て、
20180201_072843
人類の叡智の極み・ウォシュレット様キターーーーーーーッ!!!!!


・これまでこの店にはウォシュレットが無かったんで、こちらの携帯ウォシュレットを使用してました。

機能には全く不満なく愛用してきたんですけれども。
使用する直前に水を入れたりしてますと、うっかり入れ忘れたりしたら不幸な目に遭いますし、そもそも逼迫度合によってはそんな事してる猶予が無かったりします。
なので基本的に水を入れたまま持ち歩くワケですね。防水機能も完璧ですし。
しかし保温機能は有りませんので、水温はダイレクトに気温に影響されるワケです。

つまりは、特に底冷えのするこの季節のあるあるなんですけれども。
朝の見回りを終えた後、こちらの店で休憩ついでにトイレをお借りする事が多いのですが。
一晩中車に乗せたままでじっくりキンキンに冷やした携帯ウォシュレットを使用して、直撃した瞬間「ひゃうぅん」とか危うくナニかに目覚めてしまいそうになるのです。朝だけに。

そーいった事態が今後無くなるのは喜ばしいことです。残念など無いので念のため。

・とまれ、この一週間色々と不便でしたがようやっと解消されました。
と思いきや。
今度は我が家のお風呂こと三和荘がやはりリフォーム工事で、こちらはなんと2月いっぱい一カ月間休業とのこと。

三和荘以外の風呂となると、片道30分近くかけて福知山駅前まで行かないといけなんですよねー。
まー汗とかかかない季節ですから毎日入らなくても大丈夫ではあるんですけれども。
それでも週末しか入浴しないというのも辛いし。
しかし風呂から帰ってから夕飯の支度とかしてると遅くなりすぎてしまうので、その際は外食せざるを得ません。幸い駅前だと食べるところは色々ありますしね。

週に何度も外食というのも贅沢な話なのですが。
でもそうせざるを得ないのですから仕方ありません。
あー仕方がない仕方がない。
贅沢は敵なんですけれどもね?やりたくないんですけれどもね?
かー困っちゃうなーっ
でも仕方がないのだから仕方がありません。だって仕方がないんですから。よし。

護身完成

・突然ですが。

荒ぶる鷹のポーズ!

20171230_着る寝袋

・そんな訳で、買ってしまいましたよ着る寝袋。
あるいは人型寝袋。ヒューマノイド・スリーピング・バッグ略してHSB。


電気毛布が力不足だったとかそーいったワケでは無く、むしろ十分以上に暖かな日々を過ごしてきてたんですけれども。
先日のある日曜日のこと。
午前中ですっかり用事を済ましてしまって、珍しく昼からずーっと家で過ごしてたんですが。
やたらと寒い日だったので電気毛布にくるまっていたら、背中と腰がバッキバキに固まってしまいました。

なんせ背伸びをしたらはだけて寒いし。足を崩したらはだけて寒いし。
そんな理由で身じろぎせずにじっとしてたら体が凝って凝ってえらい事になってしまいました。
その後は、電気毛布を床に敷いて寝袋を開いて布団状態にして寝っ転がったりしながらその日は凌ぎましたが。
蹲ってるのも寝倒してるのも同じくらいに体に宜しくない気がします。

・なので、暖かさをキープしつつ今少し体を自由に動かせるようにならないものかと考えました。
暖房器具で室内を暖めるのは、我が家においては無謀な試みであることはとっくに自明なので却下。
却下というか、この間取り止めたばかりですし。
あとは、ツェルトみたいな簡易テントを室内に設営して、限定空間を自らの体温とPCの排熱で暖めるか、あるいは着る毛布や着る寝袋で厚着するか。

その中から着る寝袋を採用したのは、これといって特別な理由はないのですが。
現在使用している冬用寝袋が、マイナス4度とかのよほど冷え込む夜でもない限りヌクヌクと快眠できています。

なので、保温力の高い着る寝袋にしておけば間違い無いだろな、と考えた次第。

・最初はこちらの製品を購入してみました。

ドイツ軍の軍用品の技術を利用したとか、マイナス10度でもポッカポカとかのキャッチセールスに惹かれたんですけれども、ところがぎっちょん適応身長が180まで。
当方179.5、ギリでイケるかと思ったんですがダメでした。
直立状態でもぱっつんぱっつん、胡坐をかいたら爪先がいってえ。
一晩試してみるどころか、5分で脱いで返品手続きを始めました。

・で、次に購入したのが本文の頭で紹介した品。アフィリエイトが赤色の商品しかないのですが、青色の190センチのサイズを買いました。
最初の品より確かにゆったりしてて、しかし胡坐をかくとやはり少々突っ張るのですが、こちらは足先にファスナーが付いてまして、開けて出しとくことが出来ますので支障は無し。

暖かさについては、最低使用温度マイナス8度と謳ってはいますがそこまで暖かくはありません。
氷点下近くまで下がってくると流石にひんやりしてきますので、そうなった時にはやはり電気毛布は必要です。
ただし、以前のようにギッチギチにくるまってなくても、ふんわり体に巻いてるだけでメチャヌクですわこれ。ていうか電源入れなくても大丈夫な場合も多いです。

・そして就寝時には、着る寝袋を着込んだままで更に冬用寝袋に入ってるんですがこれがもう半端ねえっす。すごいんだコレ、ふわふわで(CV:中田譲治)。
以前だと足先が冷たくて目が覚めたような寒さのきっつい夜でも正真正銘朝まで快眠。
来週からまたアホみたいに寒くなるそうですけど、多分大丈夫な気がします。
昨年までは、そんな予報の日には駅前のカプセルホテルへ避寒してたんですが今年は余裕綽々ですよ。

・唯一にして最大の敵はトイレ。
着たままで致せるような構造ではないんですよね残念ながら。
オムツとかペットボトルとかの文明の利器も世の中にはあるんですが、それをやるとかえって文明的では無い気がします。ていうかそこまで切羽詰まってないし。
仕方がないので、脱いで致してまた着てますけど暖かな空気がああ勿体ない。

・そんなこんなで、最近は帰宅したらまず着る寝袋をプットオン。致す時以外、在宅中はずっと着用してます。
出来ることなら外出時も着ていたいんですけれどもね?
今冬はもう間に合わなくても、来年のファッションモードになったりしませんかねえ。

かの不朽の名作・バックトゥザフューチャーで、1985年から1955年へタイムスリップした主人公のマーティが、着ているダウンベストを救命胴衣と勘違いされてるシーンがありました。
これを逆に考えてみたら、30年で救命胴衣が普段着へシフトチェンジしたと言えます。
ならばあらゆるモノが加速度的に発展している昨今、寝袋が一年足らずで普段着に成り代わったとして何もおかしくは無い。そうだろ、松ッ!!(白目



あけましておめでとうございます

・本年も低空飛行でやっていきますので、お見捨てなきようお願い申し上げます。

・年明け早々にめでたいことがありました。

実は友人から年賀状を頂きまして。
とは言っても、業者以外からの年賀状がゼロで無かったことがめでたいのではなく。
お子様が産まれた旨が記してあったのです。

ええ、生命の誕生こそは何よりも尊く喜ばしいことなのですがそれだけではなく。
ちゃんとした御名前だったのが何より嬉しい。

もしもキラキラしてたりしたら、数少ない友人と絶交しなければならなかったかも知れず危ない所でしたよ。
いや勿論、ワイは尊兄のことを最初から信じてたんやで・・・!ホント、マジマジ。

・何はともあれ、当駄ブログの読者の皆様もそうでない方々も、等しく幸多き一年になりますように。

会社を出ると雪国であった

・実際には、仕事中に降ってるのに気付いてはいましたが。
ええー。
12月に雪が降るなんて、何か間違っていませんか?
別に間違っていませんか。くそう。

・先週末にスタッドレスタイヤに交換しておいたのは幸いでした。
例年より一週だけ、特に理由なく早めに交換したのが結果としてぎりセーフ。
もちろん誰もが交換済みでないのは当然で、帰り道は渋滞というほどではありませんがゆっくり走る車が列をなしてました。

特に事故なども起きてなかったのは何よりなのですが。
僕が暮らす集落の入口には少し急な坂道がありまして、そこに付いていた轍が「スキーかな?」と思うくらいにS字カーブ、というかSSSSSS字カーブを描いていたのが草。
誰の車かは判りませんけどよく立て直したものだと感心してしまいました。

・そしてこの記事を書いている21時現在。
電気毛布一枚で迎えた初めての雪の夜なんですが。
皆さんのご期待に沿えず申し訳ありませんが割とぬくぬくと過ごしてます。
PCの前に座り込んでいる間限定なんですけどね。
食事の準備や後片付けの間はやはり辛かったです。

立ち仕事中の寒さ対策として、はてさてどーしたものか。
カセットガスストーブとかのスポット暖房。
コートとか着る毛布とかの重ね着追加。
いっそ寒い日は自炊しないとゆーのも逆転ホームラン的でそれもありかも知れませんけど。

取り敢えず当面はガマンして様子見です。
なんか来週半ばにまたクッソ冷え込むらしいので、それを乗り切ってからの話ということで。
プロフィール

そぶりんけん

  • ライブドアブログ