でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

狩猟

ペット博大阪とか狩猟とかワナの移設とか

kaisai01_2018

そんな三連休でした。

・初日の9月15日(土)。
会社の人達のほとんどは、ペット博大阪に出展するために不在。
なので小戦力にて会社待機なのですが。
秋の長雨シーズンだったり稲刈りの準備やら片付だったりで、猟師さんからの連絡は最近少なめです。そして前日金曜日にドドドっと搬入(意味深)があったため、多分この日は入ってこないでしょ、という予想に基づき、まったり過ごせるはずでした。実際に猟師さんからの連絡はありませんでしたし。
そう、他所の猟師さんからはね?

20180915_062818
何故こんな日に限って掛かりますかよ。気の利かないベイビーだぜ。
いえ、文句なんて言ったらバチが当たるんですけれども。色んな意味で。それでも、こん畜生ー。まあ畜生なんですけれども。色んな意味で。

ちなみにこの写真、まだタヒんではいませんよ?
見て判るでしょうか、くくりワナは右前足に掛かってるんですが、暴れてるうちにワイヤー(というかバネ部分)が右後ろ脚に絡まったようで、そのまま引っ掛かって倒れて動けなくなってました。

前言撤回。自爆して自縛して動けなくなっておいてくれるなんて、気が利くベイビーじゃないですか。
56kgのオスシカ。立派なツノ持ちで、通常なら油断が出来ない相手ですが。こんな状態なので特に問題なく処置完了(暗喩)。

最近在社中は事務仕事ばっかりで、久しぶりの剝皮&腹だし作業でしたが、それを差し引いても僕にしては上出来な手際(自称)でこちらも完了。それから幾つか細々した仕事を終えて、この日は土曜日出勤ということも相まって2時半頃に早上がり。その後、ペット博に顔を出そうかと出発しました。

ナビアプリによれば4時45分頃に着く予想。イベント終了が午後6時なので、まあ一時間もあれば一通り見て回れるでしょうか。
その道中、川西の辺りのコンビニで休憩してた時に、なんとなーく嫌な予感がしてちょっと検索してみますと当記事トップの画像。
>10:00~17:00
あかんやんけ。

危うく高速に乗るところでしたよ。セーフだったのが僕にしては珍しい。
とまれ、この後は適当にご飯食べてネットカフェで一泊。

・二日目の9月16日(日)。
ちょちょいと雑用を済ませて、11時頃にコスモスクエア駅付近の駐車場に到着。一日最大料金が400円というのが恐ろしい。大阪市内なのに福知山駅前より安いとはこれ如何に。電車で梅田や難波まで片道30分足らずで280円、安い駐車場を探し回るよりは、場合によってはアリかもしれませんねえ。

彼方にインテックス大阪を望む。
20180916_105049
この辺りで、既にワンちゃん達の声が聞こえてきてましたよ。
実際には会場からの声ではなくて、その辺の駐車場から降りてきたワンこ達でしたが。

入場券購入。当日券なので大人1300円也。
20180916_110035
会社の人達に連絡すれば、関係者パスで入場出来たかもしれませんが。
前日に臨時収入(意味深)があったのでこれくらい余裕ですよフフフ。

ちなみに、JAF会員割引があると聞いて来てたんですが、会員証だけでなく、その旨の載ったチラシを持っていないと割引適用外との事。虚を突かれた思いがしましたが、まあ前日の臨時収入(意味深)のお陰で余裕余裕なワケがないだろうがksg。何それ意味不明だしふざけんなし。

気を取り直して中の様子。
20180916_110801
人の数が半端ねえ。ワンこや猫様方も半端ないです。
偶に渋滞するほどの人込みの中、手を二回舐められて「うぉぃ」とか変な声が出ましたよ。

デカいのやらちんまいのやら格好いいのやら可愛いのやらブs(ryやらで一杯でした。
その辺の写真も撮りたかったのですが、一声挨拶して許可を頂くのがぶっちゃけメンドかったので我慢しました。

刺し障りのない辺りだけ何枚か撮影。
20180916_110731
ふれあいコーナー。
ハムスターだかモルモットだかと、猫様もいらっしゃいましたでしょーか。あとアルパカ。
正直行きたかったんですが、童子や幼児の中に割って入るのがマズすぎると思い自重。

販売コーナーもありました。こちらは鳥類。
20180916_110834
こーいう大型のオウムとかインコって、50年以上生きる品種も居るそうですね。
他にはフクロウやフクロウの雛、爬虫類コーナーにヘビ類、あとネズミ系も居ました。エサとかじゃない筈。

なんか知らんが水素水も売ってました。粘りますなあ。
20180916_113344

一際なんだか燦然と輝く一角がありました。詳しくは判らないんですけれども。
20180916_113440

会場は屋内で空調も効いてるハズなんですが、いかんせん人とか動物が多すぎて結構暑いです。ワンこを扇ぎまくってる飼い主さんも多数。なので一時退場してコンビニ行って、冷えピタとか買って会社の人達に差し入れしました。デキる男をアピール。
普段はそんな気を利かせたりしないんですが。前日にお小遣い(隠喩)ゲットしてますからこれくらい朝飯前ですよふふん。

その後帰宅。田舎者は都会に出ても何をしたらいいのか分からんのです。
途中会社に寄って、ドッグランで落し物拾い(婉曲表現)したりきなこ姐さん達にご飯あげたりしてました。
おやそういえば、このひと達にお土産買ってきてあげれば良かった。ペット博なのに。やっぱこーゆうの駄目ですわ自分。
でもこのひと達、普段からシカ肉たらふく食べてるしなー。ウチより良い品なんて売ってたの?とか言ってみたりします。

・三日目すなわち本日9月17日(月)。
ていうか、昨晩のうちにこの記事書いてアップするつもりだったんですが。
何故かやたらと眠くて、20時前にはバタンのキューしてしまいました。
前の日にネットカフェで夜中の2時過ぎまでマンガを読んでたんですが、まさかそれが理由でもないでしょうし。一体我が身に何が。

まあそんなどうでも良い事はさて置いて。
今日はワナの配置をごっそりと変更してきました。
秋の日は釣瓶落としと言いますが、日暮れだけでなく夜明けもガンガン遅くなってます。
出勤前に見回りを終えるには、足跡も見分けられないくらいに暗いうちに出立しないといけなくなってきました。
なので、効率よく手早く見回りが出来て、かつ獲物の気配が濃厚な場所にワナを移設しようというわけなんですが、そう都合のいい狩場があるわけでもなく。
色々と四苦八苦しましたけどなんとか完了。

土曜日にオスシカを獲った場所はそのまま続投です。
再設置直前の様子。
20180917_082406[1]
バネが歪んでいるのがお判りでしょうか。
シカが足に絡めたまま暴れたせいで一部伸びてしまった結果です。
バネ全体を塩ビに納める方式だと、ここが引っ掛かって完全に納められないため、バネを交換するなり、歪んだ部分をペンチなりで頑張って直す必要があります。バネがむき出しだと、その辺りの手間がなくて便利です。ちなみにバネの力自体にほとんど影響は無いです。

この場所、実は相当いい感じな狩場でして。
5月27日に初めて設置して以来、
6月 3日オスシカ60kg
6月14日メスシカ25kg
7月30日メスシカ35kg
9月15日オスシカ56kgと。
頻度に偏りはありますが、平均すればひと月に1頭のペースで獲れてます。
しかも他の狩場と狩場の経路の途中で、車からも近く、見回りしやすくて運び出しやすいと良いことづくめな絶好のポイント。あとはこのペースを維持できれば有り難い。
こーいうポイントがあと29箇所見付かれば、一日1頭獲れてウハウハなんですけれどもそう上手くは行かず。先はまだまだ長いです。

・この後は、お風呂行って洗濯行って買物行って夕飯食べて。
こんな感じで、振り返ってみれば大体いつも通りの休日でした。
特に〆の話題などないまま終ー了ー。

クマった事態(死刑)

・立秋を過ぎた途端に、朝晩あからさまに涼しくなってなんか草。
夜中にくしゃみで目が覚めてしまいましたよ。
けど突然の気温の変化にも大丈夫。そう、コイツがあれば!
20171230_着る寝袋
ここまで完璧に着込まなくても、下半身突っ込んでるだけで大分違います。

しかし日中はまだまだ暑いですねえ。数日前に比べればずいぶん楽ですけれども。
日中というか、明け方からワナの見回りしてるだけで汗ばんでしまいますが。
早く秋が来てほしいものですけれど、ここ数年は残暑が酷くて秋なんてない状態ですが果たして今年はどうなる事やら。

・で、その見回りを今日も今日とて行なってたんですけれども。
とある山道の奥に仕掛けたワナへ向かって歩いていたら、なんか昨日までと様子が違うし。

20180808_061508
めっちゃ草が倒れてました。
どうやらイノシシが寝っ転がったかなんかした様子。でもこんな道のど真ん中とは珍しいですねえ。
そしてそのすぐ先で
20180808_061445
そのまたすぐ先でも
20180808_061431
なぁにコレェ・・・

・イノシシが10数メートルくらいローリングしながら通り過ぎたんでしょうか。
それとも群れでまとまってひと眠りしたらこうなるんでしょーか。
この時点で、なんかでっかい生き物が通ったりしたんじゃあるまいな、などと嫌な予感がしてました。

で、そのまたすぐ先で。
20180808_061408
木がめっちゃバキバキに踏み砕かれてるし。

えー、もうマジですかよ。
一応当地はツキノワグマが出なくもない地域ではあります。
偶に町内放送でクマの目撃情報とか流されてたりしますし、他の猟師さん達からも、箱ワナにクマが入ってたーとか、くくりワナに掛かったシカを半分食われたーとか、そんな話を聞いたりしてますけれども。実際に生クマを目撃したことはまだないですが。

えー、やだもー。
護身用のアイテムなんて有りませんよ。ワナの見回り中にナイフや鉈の類なんて持ち歩きませんし。
精々の気休めとして、穴掘り用の山菜ナイフを握りしめつつ更に先へ。

この辺りで、ふと冷静になったりもしましたよ。
そもそもツキノワグマって、そんなにデカくない。
ジャンプ育ちのアラフォーなもので、某クマ犬マンガのせいでクマ=バスとか4tトラックくらいのサイズがありそうに思い込んでるんですけれども。
ツキノワグマなんて精々が人間大。里山に住む動物ー、みたいなタイトルで展示された剥製を見たことがありますが、ヘタすりゃ隣りに並んでたイノシシの方がデカいくらいでした。

そんな事を考えながらカーブを曲がったその先に。
20180808_061020
はい、くっきりとした轍デスネー。

軽トラとかジムニーとかが通っただけのようでした。

・というワケで、以上はぜんぶ冗談です。
そんなまさか、動物と車との痕跡を見間違うとか、そんな事がある訳ないじゃないですか。
知ってるよわざとだよついだよ。猟師なのよ、あたし?はい解散。


猛暑が続くそうですが、もうしょうがないなぁ~のび太くんは~

AA落語
と、巧みな前説で座がカンカンに暖まったところで(猛暑だけに)以下本題。

・っしゃおらああぁ!

20180718_061546

突然なに、と思われるでしょうが。
バネを使わない安全仕様のくくり罠・「いのしか御用」で、よーやっと2頭目の獲物が獲れたんです。
2年で2頭。うーんこの。

20180718_080500
こちらが踏板。
草に隠れて判りにくいかもしれませんが、白い樹脂製の本体の中央部に下敷きみたいな薄いアクリル板みたいなのがシンクの排水口カバーみたく加工されて収まってます。
この踏板の上に、戻り止め金具を付けたワイヤーを投げ縄の様に輪っかにしてセット。
シカなりイノシシなりが踏板を踏み込むと、足がアクリル板もどきのギザギザに挟まって容易に外れず、悪戦苦闘しているうちにワイヤーが締まって逃げられなくなるという仕組みです。

・これまで何回かシカを捕獲した現場のご近所の農家さんに「またあそこシカが来てるよ(意訳:さっさと獲れ)」と目撃情報を頂いたので仕掛けてはみたものの、その後まるで通ってる気配のないまま早2ヵ月。どんどん夏草に覆われていく様子を毎日観察しているよーな状況でしたがやっと通ってくれました。
「通ったら必ず踏む場所に仕掛けた」などと大きく出てましたがその通りになって一安心ですよ。
いえ勿論ハナから勝利を確信してましたけど?

・掛かった状況。
20180718_080447
だから危ないってばよ。
30キロ未満の小さめのシカだったからセーフだったようなもので、もうちょっと大きくてヘビー&パワフルな個体だったら足先を千切って逃げられていたかもしれません。

もっと強く踏み込むような場所、例えば坂を下りきったポイントとかに仕掛ければ上の方でくくれるかもですけど、そんな都合よくいのしか御用を仕掛けられる場所なんて知らん。

・そう、次に仕掛けるべき場所がまだ見つかってないんですよねー。
自分の縄張りって、どうも木の根やら石やらがゴロゴロしてたり、或いは水気が多くて水やらドロやらが溜まりやすかったりなフィールドばかりで、設置の際に穴を深く掘る必要があるいのしか御用に適したポイントがあまりなくて困ったものです。

今回仕掛けたこの場所はすぐそばに栗の木があって、実が落ちる時期にはビシバシ獲物が通りかかる場所なんで、もういっそこのまま同じ場所に掛け続けようかと思ってます。
運が良ければ秋口までにあと1、2回は獲れるかも知れませんし。

・一度獲物が掛かったワナにまた獲物が掛かるのか?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
掛かります。大体は。
群れで移動していた場合だと、流石に他のメンバーはもう来ないでしょうけれど。
獣道というのは色々な動物が共用しているものでして、他の群れやら種族やらがまたそのうち通ります。いつ通るのかは、場合によるとしか言えませんけれども。交通量が少なくてその群れしか通ってなかったとかだと、それこそぷっつりゼロになることもあり得ますし。

自分の場合、早くて一週間から10日くらい、大体ひと月もすればまた掛かることが多いです。
ただ上述の理由の他、季節に応じて他所へ移動してしまい全く掛からなくなる場合もありますので、基本的には何か獲れたら一旦は別の場所へ移設して、しばらくしたら様子を見つつまた仕掛けに戻ってくるようにはしてますけれども。

ちなみに自分の最短記録は、中一日でイノシシとシカが獲れたことがあります。
ある朝イノシシゲット > 翌朝同じ場所で同じワナをセット > その翌朝にシカゲット
みたいな。(4日で3匹タヌキを獲ったこともありますけど、あれを猟果とは認めたくない。)

他の猟師さんだと、箱ワナでイノシシを獲った翌日に同じ箱ワナでシカが獲れた方を存じてます。
存じてるというか、どっちも僕が止め刺しに行ったんですけど。
イノシシの血糊がまだ残ってる箱ワナに普通に入ってるシカを見て、流石に馬鹿なんじゃないかと思いましたよ。シカだけに。

・そういえば前の猟期中に会社のパイセンが仕掛けていたポイントは、週に2回は獲物が掛かる幹線道路みたいな獣道でした。
どうやら動物が山から別の山へと移動する際の中継地点になってる様子の林(というかバブルが弾けて区画整理したまま放置&荒廃した元別荘分譲地)で、
すぐ近くまで車で行けて/ワナを仕掛けやすく/獲物を運び出し易く/頻繁に獲物が通りまくる
という、ご都合主義にも程があるみたいな場所でした。ついでに会社の近所。何コレ妬ましい。
流石に毎回ワナの場所は微妙に移動させてたみたいですけれども。それでも、次は隣りの木、みたいな感じで。お住まいが会社の隣りの市なので有害鳥獣駆除期間中は仕掛けられないのがお気の毒(猟期中は府下全域で狩猟が出来る)。

・しかし最近クソ暑いせいで、獲物の数が減ってる感じでどうなる事やら。
暑くなると山の上&奥へ避暑へ行くそうで、例年お盆前後とかは搬入が少なくなるんですが、それが今年は前倒しになってるような。実際、先月に比べて半分くらいしか獲れてなくて困ったものです(9頭->5頭)。
僕だけでなく、他の猟師さんからの連絡もペースダウン気味でどーしたものか。

コメントを頂きありがとうございます>みず様

・コメント欄でお返事しようと思ったんですけど、だからブログ主なのに環境エラーって(ry

>いのしか御用は猟果あがりますか?

いいえ













いいえ(血涙

・購入して2年と少しが過ぎましたけれども。
その間、猟期・有害鳥獣駆除期間中ともにずーっと運用してきた結果を発生順に挙げますと。

 シカが丸ごと一頭 ×1
 イノシシが足先だけ ×1
 踏板を蹴っ飛ばされてた ×1
 なんか掛かったけど逃げられてた ×1

以上。
ぐあああああああああああああああああああ

・幸いにして、シカが獲れたのが有害鳥獣駆除期間中でしたので、その報奨金で元は取れてるので別に構わないんですけれどもぐあああああ。
初っ端に、しかも仕掛けて割とすぐにいきなりシカが獲れてしまったものですから、その後もついついズルズルと見切りをつける事もできず使い続けてきた次第。

自分の仕掛け方がポンコツなだけだと言われたらそれまでなんですが。
何時かの記事で申したかと思いますが、笠松やオリモなど跳ね上げ式に比べて設置するのに場所を選ぶし手間もかかるしで、仕掛けたは良いけどいまいち獲物が通る気配がないー>より良い場所に移設したいと思っても、中々その気にならずつい放置気味になってしまうんですよねー。

・今期は、跳ね上げ式で何頭か仕留めた実績のあるポイントでご近所の人から目撃情報を頂いたので、そこに仕掛けてみてはいるんですがどーなる事やら。ていうか既に一ヵ月が経過していてぐああ。

どうにもまだシカとか来てないみたいで気配が薄いんですけれども。
ぶっちゃけ他人様の目をあてにしてるのがそもそも宜しくないと思ってはいますが、
でもご近所様から「居るから掛けて」と言われてるのにスルーするのも色々と気まずいのですよ田舎の付き合い的に考えて。

そんな感じで、掛かったらいいな、みたいなふわっとした殺意しか込めてないから獲れるものも獲れないのかもしれません。それでも、通りさえしたなら必ず踏む、というポイントに仕掛けてますので、もうちょい気長に待ってみようかと。
2年も待ったんだから、ひと月やふた月くらいどうって事ありませんよがっはっは。ってそんなワケあるかいksg。

え!!高島屋京都店でシカ肉を!?

買えらぁっ!

・そんな感じで。
高島屋京都店の地階 生鮮売場特設コーナーにて、「初夏のジビエフェア」と題しまして本日5月30日(水)から6月5日(火)までの一週間、シカ肉やイノシシ肉が販売されていますのでご興味のある方は是非どーぞ。

・とゆーワケで、シカ肉が獲っても獲っても足りません。
比喩とかではなくキッパリと不足して困ってるんですけれども。
何故か近頃、入ってくるのがイノシシばかり。

平均したら、年間でイノシシの搬入数はシカの4分の1程度のはずなんですが、現在冷蔵庫に吊るしてある枝肉の割合がよくて半々、下手したらイノシシの方が多いかもしれません。

勿論イノシシだって商品になるから有り難いんですけれども。
この時期、旬の頃に比べれば脂も落ちてきてますし、それでも皮剥ぎや骨外しの手間はシカより掛かるしで精肉作業してるパイセンが嘆いてます。一頭剥いたら二頭入ってくるってな感じで。

・一説によれば、終わりかけてるタケノコを探して普段より歩き回ってるせいでワナに掛かりやすくなる、との事ですが真偽のほどは不明。
単純に、イノシシの体を張った呪いか嫌がらせという可能性の方が高いような。
会社の誰かがイノシシの怨みを買うようなマネをしたのかもしれませんねえ。
あ、みんなやってる。
でもシカにも同じことしてますのにねえ。
プロフィール

そぶりんけん

  • ライブドアブログ