でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

狩猟

獲ったタヌキの皮算用

・10月30日
20171030_080809
10月31日
20171031_070007
そして11月2日
20171102_070526
ぐああああああああああああ

・4日間で3匹もタヌキが獲れてしまいました。
しかも、写真を見てピンときた人がいるかもしれませんが、全部同じ現場です。
同じ現場というか、同じワナです。
タヌキを回収(意味深)してから再セットして、翌朝見に行ったらまた掛かってた、みたいな。

・何でしょう、タヌキって群れで行動するんでしょうか。
などと思ってしまいましたが、考えてみたら、群れで行動してるなら仲間が掛かったらもう近付きませんよね。少なくとも当分の間は。
ならばやはり、無関係の個体が連日の如くワナを踏みまくっただけの、偶々起きた出来事なのでしょうか。全く迷惑な。ザケンなよこいつら。
いや、迷惑なもザケンなよもタヌキが言いたいことなんでしょうけれども。

・タヌキじゃなくてアライグマなら、どうも群れで行動してる感じなんですよね。
以前アライグマが掛かったとき、その個体に4、5匹くらいの仲間が寄り添ってたことがあります。
流石の僕も、なけなしの良心が疼かなくもない光景ではありました。
近付いていったら他の個体は逃げていきましたが、お尻をふりふりモコモコさせながら走っていく後ろ姿がまたプリティーで。
そして残された個体の絶望感たるや如何ほどのものだったのか。
心優しい人なら気死しかねない状況でしたなアレ。そんな人はそもそも狩猟なんてしないでしょうけれども。

ちなみに凶獣・アライグマの本性を身をもって知ってる側からすれば、なんとあざとい!としか思えませんでしたが。うーんこの。

・タヌキの獣道に掛けてるんじゃないか、とか言われそうですがそーゆう訳ではないです。
獣道というものが、いろんな獣が共用しているものでして。
そもそもこのワナこのポイントが、これまでシカ2頭・イノシシ1頭を捕らえてきた由緒正しい狩場ですから。この数日間がおかしいだけです。なんか呪われてるんでしょうか自分。それとも天中殺か。
いや、呪われてるのかも天中殺かもタヌキが言いたいことなんでしょうけれども。

まあそんなワケで、このポイントを撤退する気にはなれません。
タヌキでも、小遣い程度ではありますが報奨金も頂けますので無駄ではないですから。
そもそも、流石にもう続くこともないでしょうしね?
そんな事言ってたら掛かりそうな気がしますけれども。

いっそ連勝記録を目指すのもアリかもしれません。
ラクーンハンターに、俺はなる!みたいな。
よし、こう言っておいたらもう掛かるまい。だからもう来るなよ、タヌキども。
いや、もう来るなよもタヌキが言いたいことなんでしょうけれども。

トライプの話

・この記事を書いている時点で、朝から無慈悲な現実を見せつけられてはや10数日。
未だになしのつぶてな有様にksおおおおおおおおああああぁぁぁぁぁ。
その一方で、他の猟師さんの罠にはシカやイノシシがぽつぽつと掛かり始めて妬ましさを禁じ得ない。
涼しくなってきたお蔭か、山中へ避暑していた動物たちが里へ下りてきている様子だとゆーのにこれはどうゆう事なの。腕か。腕の差なのか。

・敢えて言い訳というか負け惜しみを言うならば、米ぬかを撒き餌に使ってワナへ誘引しているか否かの違いなのかもしれません。

・皆さまは「トライプ」というものを御存知でしょうか。
ウシやヒツジやシカなど、反芻動物の4番目の胃の内容物のことで、消化が完了し吸収する状態になった物です。
おためごかしは無しで直球ど真ん中・火の玉ストレートな表現するならウ〇コ一歩手前のゲロ。

肉食動物は肉だけを食べて生きているのかと言えばそんなことはなく。
ちゃんと植物由来の栄養も摂らなければいけません。
しかし肉食動物は植物を分解・消化するための酵素を持っていないので、草木を食べても吸収することが出来ません。
ではどうするのかと言えば、草食動物のレバーなど栄養豊富な内臓だったり、あるいはこのトライプを食べて間接的に植物を摂取するわけです。

犬は人間とともに生きる内に雑食化しましたが元来は肉食動物であり。
その本能によるものなのかトライプが大好きです。
だそーです。食べてる処を見たことないものでサーセン。
まあ実際、シカのトライプは我が社の売れ行き商品で常時入荷待ち(意味深)の状態ですし、社員さんがご自宅のワンコにあげると狂喜乱舞するそうですし。

まあモノがモノだけにニオイがアレではありますけれども。
採取(意味深)してる最中もそうなんですが、お客様は冷凍状態の商品を解凍してからワンコにあげる必要があるわけで。
なんと申しましょうか、生き物を飼うって大変なことです。
kaori
(※画像と本文に関係はありません。)


・このトライプ、当然というべきか直前にシカが食べたものの影響を色濃く受けます。
草木の生い茂る夏のトライプは超・緑色。
冬の間は枯草や木の皮を食べるのか茶色っぽくて。
そして季節を問わず、米ぬかを食べた後のトライプは、真っ黄色になりニオイも酸っぱい感じになります。
そう、あたかも人間のトライプのような(婉曲表現)。

しかし問題なのは色でもニオイでもなく。
ワンコが米ぬか由来のトライプを食べると、米ぬかの油分でお腹を下す場合があるのです。
皆が皆というわけでは無く個体差によるのですが、いずれにせよワンコの不調となり得る代物を商品としてお出しするわけには行きません。

だからと言って、我が社にシカを提供して下さる猟師さんたちに米ぬかを使わないでもらうわけにも行きません。
そんなことしたらシカが獲れなくなってしまいますからね!誰かさんみたいに!

兎に角そーいったわけで。会社に良質な商品を提供するべく、撒き餌に頼らないセメント勝負を日々挑んでいる次第です。
だから僕は悪くない。悪くないのだ。如何ですかこの見上げた社畜根性。

・で、こんな記事をまとめてぼちぼちアップしようと思ってた翌朝。
20170913_065759

っしゃおらああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ


件のワナから10mほど離れたワナですが、同じ獣道を歩いているのは間違いなく。
ふーっはっはっはっはあ。
以前残ってた足跡とまるで違う大物(80kg弱)でしたが問題ない。
車まで引っ張る距離が長い現場なので腰がアレでしたが気にしない。
一発でワナをおしゃかにされましたが泣いたりしない。

・勢いとかあるのでしょうか。この日を含めて3日連続で、それぞれ異なる現場でオスシカをゲットし連休突入しました。
出来れば間隔おいていいんでもう少し以前から満遍なく来てくれれば普段から心穏やかで居られるんですけれども贅沢は言わない。
ちなみに休みの間ワナには鍵をかけてるんですが、休み明けに見に行けば上から踏まれまくってる気がしてなりません。ぬうう。

・ところで最近会社に入ってくるシカは自分の分も含め、大半がオスシカです。
当記事の出だしで、涼しくなってきて山から下りてきたと書きましたが。
それもありますが話によると、ぼちぼち動物たちの恋の季節だそうで、メスシカを求めて活発に徘徊するオスシカがよく掛かる時期とのこと。
そんな事聞いてしまうと同じオスとして何だかこう・・・申し訳ない。止めませんけど。

言われてみれば、ついこの間までフニャフニャの皮被りな親指サイズだった筈が、何時の間にやらズル剥けてバッキバキにおっ勃ててます。まさに腕サイズ。近付くとその御立派様をこちらに向けて見せつけてくるので目のやり場に困ります。挿すつもりが挿されちゃいそうで。やだもー。

ええ、シカのツノの話をしてるんですけれどそれが何か。
恋の季節=オス同士のケンカの季節でもありますからねえ。恋は戦い。

いきり立ったオス同士、暗く静かな森の中。何も起きないはずがなく・・・
互いの自慢の逸物を絡めるように打ちつけて、相手の熱さ・硬さ・益荒男ぶりを確かめ合ってる姿を想うと何だかじんじん痺れてきます。やだもー。

ええ、シカのツノの話をしてるんですけれどそれが何か。

寒ッ↑イイ↓ksガァァァ↑

・ちょっとメリハリ効かせすぎじゃないですか>天。
まだもうちょっと気温高くていいから、数日前までの酷暑をなんとかしときやがれ>天。

それはさておき。
風邪をひくのも嫌なので、布団を一枚引っ張り出しました。
布団というか寝袋なんですけれども。
3シーズン用のペラい千円程度の安物ですがこれくらいの気温だとちょうどいい感じで、ハンモックとの親和性も思った以上で、収まったときのスッポリ感が半端ないです。

ただ、寝る時の体勢づくりなんですが。
まず寝袋に入って、それからハンモックによっこらせっと寝っ転がってからモゾモゾと蠢きつつジャストな姿勢に持ってくるんですけれども、その際ロープがギッチギッチと軋むのがあんまり気持ちよくないです。
カタログスペックだと耐荷重200kgなので滅多なことは無いでしょうし、万一切れたとしても高さ30cmを落下したところで大事ないはずですけれども。
あと、本を読むときに肩から上を露出するので冬とかめっちゃ寒そうです。

なので、これらをクリアしてしまうこんなものに興味がそそられたり。

着る寝袋。
正直言って狂気の産物だと思ってたんですが、まさか購入を検討する日が来るなんて人生とはままならぬものですなあ。
まあマジ返答すれば、ハンモックはあくまで暑さ対策なのですから涼しくなって来たらまた床に寝っ転がればいい話ではあります。
去年買ったばかりの、真冬用の寝袋もあるわけですしね。

・話は変わって、今朝の見回り中のワンシーン。
20170901_063343

これだけだと判りにくいかも知れませんのでテロップなど追加してみますと。

20170901_063344

ksがあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ

こんな事態にならないよう、斜面の上り口や降り口など確実に踏む場所に罠を仕掛けるとか、あるいは石や枝など障害をおいて罠を踏むよう誘導するとか、色々工夫するのが罠師の腕の見せ所です。
もちろん自分も一応は小細工を施してまして、そもそもこのポイントは春から2頭を仕留めた実績があるので、今回は体格とか利き足などの違いによる偶々の不具合だと思います。

ていうか、こんな状況は頻繁に至る所で発生しているんでしょうけれども。
ここまであからさまに痕跡が残ってるのも珍しいので、思わずカメラに収めてしまった次第です。
そしてこうして改めて状況を振り返ってみると、悔しさと切なさと不甲斐なさがぶり返してきてksおおおおおおおおおおおぉぉぉぁあああぁぁぁぁぁぁぁ

カイデックスでシース(鞘)作り

いつぞやの記事で申し上げたとおり、おニューの止め刺しナイフを使用している今日この頃。
社長より前々から言われてたのですが、専用のシース(鞘)を作ることにしました。

ナイフといいつつ本来は包丁なので、持ち歩くためのシースなど当然付属していません。なので社長の古いナイフのシースをお借りして使用していたのですが、こちらは革製。
ナイフは適当に水洗いして放置してても、いっそ血が付いたままでも簡単には錆びたりしないステンレス製ですが、それを革のシースに突っ込んだままにしていますとシースの方がダメになってしまいます。
なので、濡れても平気&シース自身を水洗いしても問題ないよう、プラスチックなど樹脂製のシースを作る必要があります。
この辺、やはり昔の記事で書きましたが、狩猟刀のシースを作ったときと似た感じですね。

・あの時は懐事情もあって、塩ビパイプを灯油ストーブで加熱加工して作りましたが。
今から思うとあまりに見た目がぞんざい過ぎますし、ストーブなんぞ出したら暑くて死ねます。
いやさそもそもケチケチせずとも、その懐がそれこそ暑いくらいに暖かな昨今なのです。

というのも、今週はシカが4頭も獲れまして。ふふん。
一週間で小遣いを8万円近くもゲットしたと思うと気前も良くなります。ふふふん。先週以前は知らん。

と・ゆー訳で。色々と買い揃えてレッツ工作した次第。

・シースの材料は、タイトルバレしてますがカイデックス。熱可塑性の合成樹脂板。塩ビと同様、200度ほどに熱すると柔らかくなり、自由に成形することが出来ます。しかも軽くて丈夫で防水性に優れ、加工に大掛かりな設備や機材が要らないという逸品。詳しくはこちらのサイトをどうぞ。自分も今回こちらで購入しました。

このカイデックスをナイフに合わせて適当なサイズにカット。
加熱して柔らかくなった状態でナイフをギューッと挟み込み、そのまま冷せば成形完了。
後はバラけないよう固定して、細部を仕上げれば一丁上がりです。

詳細は「カイデックス」「シース」でググれば色々と出てきます。
自分も幾つかのブログとYouTubeの動画で勉強しました。

・まずは刀身を養生テープで保護。
ナイフとシースの間が密着し過ぎると出し入れし辛いし、キズがつく場合もあるのでそれを回避するためです。
20170528_070004
ハサミやカッターで余分を切り落とします。
20170528_071211

・カイデックスの切り出し。
縦横とも、刀身プラス2、3cmほど大き目にしておけば加工し易いそうです。
刀身と言いましたが、縦はヒルト(鍔)部分までシースに収まるようにします。ヒルトでカチッとシースと固定する訳ですね。
20170528_071951
2枚のカイデックスで挟み込むやり方もありますが、自分は1枚のカイデックスを折り込んで作る方法を採りました。なので、横幅は更に倍。
20170528_072611
カッターで2、3回切り込めば、後は手でパキッと折れます。

・次に、カイデックスをシースへ成形するためのフォームプレッシャーを作成します。
ナイフをカイデックスで挟んで、それをかったいスポンジゴムで挟んで、更に板で挟んで締め上げることで、カイデックスがナイフに密着してシースになる訳ですね。

こちらが材料。SPF材とスポンジゴムと両面テープと蝶番。
20170528_115024
スポンジゴムは、上記のサイトで購入したのですが間違って一枚しか注文していませんでした。
(ていうか、最初からニコイチで売れよ気が利かねぇな)
しかも作ろうとしてるシースよりサイズが小さかったので、別のスポンジゴムを他の材料と一緒にホームセンターで購入しました。
一枚だけのスポンジゴムは取り敢えずタンスの肥やし。懐があったかいと少々のムダ金ではビクともしません。ふふん。
20170528_115407
購入したスポンジゴムの詳細。
耐熱温度の上限が60度とか書いてますねえ。
ちなみにカイデックスの融解?温度は200度オーバーなんですが何も見えない聞こえない。

スポンジゴムをSPF材に両面テープで貼り付けて、SPF材同士を蝶番で繋いで完成。
20170528_121211

動作確認および事前練習など。
加熱してヘナヘナになってるであろうカイデックスを敷いて、ナイフを置いて、カイデックスを折り畳んでからプレス。Fクランプ様で固定する、と。
20170528_121819
20170528_121928
いい感じじゃないですか。
ちなみに上の写真で刃先から飛び出してるのは、水抜き穴を作るためのタタミ針です。養生テープでナイフに固定してます。

・本日のビックリドッキリメカ。ヒートガン。
20170528_122136
要はドライヤーです。工業用ドライヤー。
ちなみにヘアドライヤーが最大140度程度に対し、工業用ドライヤーはモノにもよりますが最大400度を軽く超えます。お値段は安いもので2,000円くらい、高いと1万円以上。
自分が今回購入した品は50度から650度までダイヤルで熱量調整出来て、現在の温度も表示してくれる優れもの。大体6,000円くらいでした。
20170528_122856

作業場の風景。
20170528_122820
もはや庭のオブジェと化していたロケットストーブの耐熱レンガを引っこ抜いて来て作業台代わりにしました。
20170528_122935

・そして作業スタート。火傷しないよう軍手を嵌めていたので写真は撮影出来ませんでした。

要領が判らなくておっかなびっくりだったんですけれども。
少々熱風が当たった程度ではどうってことなかったです。熱くない訳ではないですけど、軍手越しということもあって忍耐可能。ただ低温火傷とかしてもつまらないのでなるべく手早く作業しました。

事前練習はしてましたが当然いきなり上手くいくはずもなく。
熱し方が足りなくて、せいぜい半分に折れ曲がった程度でまるでシースの体をなしてなかったり。
ナイフがずれたり。
ヒルトがカイデックスからはみ出てたり。何回やり直したでしょうかね。

そう、この何回もやり直せるのがカイデックスの良い所。
失敗したら、再度加熱すればまたフニャフニャになってリトライ出来るのです。

・そして遂に発見した勝利の方程式。
20170528_124158
座る。
Fクランプ様で締め上げるのに時間が掛かってカイデックスが冷めてしまい、上手く成形出来なかったのですが。
まずドスンと座る。そうしてプレス状態をキープしたままFクランプ様をゆっくり締め上げればOK。

・そして完了したのが右。
20170528_132227
このままでも割としっかりとはしてるんですけれども。
ちゃんと固定するためにカシメやハトメ等を噛ませます。
自分はハトメを採択。理由はぶっちゃけ無いんですけれども。まあヒモとか通せるかなとか思ったり思わなかったり。

ちなみにハトメとかの工具をホームセンターで買ったら1,000円超えたりするんですが、ダイソーで購入したので僅か200円で済みましたよふふん。節約出来る所はきちんとします。

ドリルで穴を開けてー。
20170528_133650
ハトメを打ち込んでー。
20170528_142200
余分を切り落として、サンドペーパーで仕上げれば完成ですよ。
20170528_145816
もう少しキレイに出来たかもしれませんが、まあ初めてにしては上出来でしょうと自画自賛。

ホルスターにセットした、真の姿。
20170528_145843
抜き差しもスムーズで、かつヒルトでかっちりと挟まって微動せず。機能的には100点満点ですよ。

ちなみにこちらがこれまで使用してきた革のシース。
20170528_145858

・ついでに、狩猟刀の塩ビシースも調整してみます。
20170528_145914
この通り、ヒルトは全くシースに収まっていません。刀身の途中がシースに挟まってなんとなく固定されていますが、逆さにしてからちょっと振ったらすっぽ抜けてしまいます。

まずは刀身を保護。
20170528_145935
ヒルトの辺りしか加熱しませんので、その近隣だけ養生テープを貼り付けます。
そしてヒートガンで軽く炙って、柔らかくなってきたら狩猟刀を突っ込んでフォームプレッシャーでプレス。

結果がこちら。
20170528_150633
クッて感じでヒルトが嵌って、どんだけ振っても落ちて来なくなりましたよ。

・調子に乗って更にいきます。変型したワナの修理。
20170528_151026
71kgのオスシカを獲ったワナなんですが、塩ビパイプ部分が御覧の有様です。

こちらが現場。ぐるんぐるんにワナが木に巻き付いた状態で更に引っ張るものだから、テコの原理かどうかは知りませんがこの通りパイプがグニャグニャに。
20170528_151027

もはや慣れたものです。
ある程度炙っては曲げ、炙っては曲げを何回か繰り返したらこの通り。
20170528_151558
完全に真っ直ぐには戻りませんでしたが、あまり力を入れ過ぎると円柱状から楕円柱に変型してバネが入らなくなるかも知れませんし。
それにぶっちゃけこれより曲がった状態で使用しているワナもあるのでコレはコレで良いのです。

・以上。
ふむ、今回なかなかいい買物をしたと思いますよ。
シースを作る機会はあまり無いかも知れませんが、ワナの塩ビが曲げられるなんて割としょっちゅうですしね。交換するのがほんと手間でしたけど(ワイヤー切って抜いてまたワイヤー加締め直して)、これからはちょちょいで済みそうです。ヒートガンの予熱もほんの1,2分程度で早い早い。

ああ、そういえばフォームプレッシャーのスポンジゴムですが、熱で変型とか特になかったです。
吹き出る熱風が200度でも、カイデックス事態はそこまで高熱にはなってないんですかねよく判りませんが。

ヒートガンは基本タンスならぬコンテナボックスの肥やし状態になってしまいますが、最低温度で使えばドライヤー代わりになりますかね。まあ乾かす髪の毛が無いんですけど。HAHAHA!

いや違うから。丸刈りなだけだから。

思えば遠くへ来たもんだ

・本日、会社の元先輩で現在は専業の猟師をやってる人から鹿が獲れたとの連絡がありれっつらごー。

上手い具合に木に絡まって身動きがとれなくなっていて、しかも吊り下がってるという程でもない程度に上半身が下になってる状態。
これは好都合とそのままエイヤッと首元の急所を刺したら、いい感じでだくだくと放血がスタート。
なので、そのまま絶命するまで先輩としばし歓談してました。

し ば し 歓 談 し て ま し た 。

・・・・・・。
もし第三者がこの光景を見たら、
ひいい
みたいな勘違いをされて誤解を解くのが大変だったかもしれません。

一年前の丁度この時期はまだなんにも出来なくて、子鹿ごときの止め刺しですらこの先輩にわざわざ来てもらっておっかなびっくり見学してたとゆーのに、今やこの有様ですよ。ぬうう。
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ