でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

狩猟

【閲覧注意】ツノ×体重×スピード=破壊力

・およそ10日ほど前の獲物がこちら。
20181130_075753

ここで一首、歌います。

  里山に モミジ踏みわけ 鳴くシカの
   声が聞こえたら狩りの時間じゃヒャッハータヒねオラァァン!!


失敬、詩情と蛮族魂が迸ってしまいました。
この頃はすっかり夜明けが遅くなってきて、この現場を見回る時はまだ真っ暗なもので懐中電灯を使ってました。よーやく掛かりました故に明るくなってから止め刺しに来てみれば、こんな落ち葉が綺麗に降り積もっていたとはとんと気付かず。

・閑話休題。
この獲物、メスシカに見えて実はオスシカ。ツノが生えていない事から、この春に生まれた一歳未満の若シカだと思います。
ビックリしたのが、止め刺ししようとしたら頭からこっちへ突っ込んできたこと。
大人のオスシカなら、半分くらいの確率で(僕個人の感覚ですが)突っかかってくる攻撃的な個体は
居るんですけど、こんなバンビちゃんもどきで荒ぶってるのは初めて見ました。

それで何が困ったかって、まったく怖くもなんとも微塵も欠片もなかった、ということなんですけれども。

ぶっちゃけ最初の一瞬は、頭を撫でろとせがんできてるのかと思ったくらい。
それにしては勢い良過ぎだろ・・・え、攻撃?みたいな。
いえ申し訳なんですけど割と本気で。

企業秘密兵器棒の片っぽだけで、十分押しとどめてしまえてました。
相手は本気でこっちに突撃かまそうと踏ん張ってる様子なんですが、16ミリの塩ビパイプがたわみすらしねえ。なんだか池乃めだか師匠とひとネタ演じてる気分で、いっそ居たたまれなくなってしまいました。

・シカのツノは春先に自然と抜け落ちます。その頃にワナに掛かったオスシカだと、ツノを失くしたことに気付いてないのかうっかりなのか、頭を振りかざして空振りする様子を何度か目の当たりにしたことはあるんですが。
こんなツノのツの字も生えたことのない仔ジカでも攻撃しかけてくることがあるとは、ケンカ慣れ不慣れとかの問題ではなく本能とか個体の性質とかの話なのでしょうかね。

先に申しましたとおり、オスシカでも攻撃的な個体は半分くらい、と個人的に感じてます。
これまで狩ってきたオスシカの中でも、ぶっちぎりにヤバかったのがコイツ。
20181108_43kg
諸事情により一部隠蔽。
捕獲証明写真として撮影したこの時点ではワイヤーが木に巻き付いて動けなくなっていましたが、残りのワナを見回ってから止め刺しに戻ってきたら、上手いこと動いて絡まったワイヤーを解いて、けっこう自由に動ける状態になってました。

さして近付いてない距離でもツノを振り回して威嚇して来るので、最初からくくり棒を用意。塩ビパイプにワイヤーを通して輪っかを作って、ツノに引っ掛けてからワイヤーの反対側を別の木にくくり付けて動けなくする、という道具です。
イノシシなら足に引っ掛けるなり輪っかを噛み付かせてアゴを縛るなりと、手間と時間がかかるのですが、オスシカのツノだと簡単に引っ掛けられるので楽です。

と、過去の経験からそう思ったんですけれども。

くくり棒を掲げて近付いたら、ぴゃーっと木の反対側へ突っ走って逃げていきました。
残り半分の気弱タイプかよ面倒くさ、と毒づきながら2,3歩近付いたら。
くるっと振り返って、こっちに突っ込んできやがりました。

ひいいいぃっ、と慌てて後ろへ飛びのきながらくくり棒で身をかばったんですがツノで腕をしばかれて痛ってえええぇぇ!?
その後即座に踵を返してまた木の反対側へ猛ダッシュ。軋むワイヤー。えぇー。

それをまた真っ直ぐ追ったら二の舞いなので。ぐるっと遠回りに、シカの移動可能圏内を避ける様に近付こうとしたんですが。うっかり圏内に片足踏み込んだらまた即座に猛ラッシュ。慌てて退避。
移動圏内を最大限に活用して最大攻撃を一直線にぶつけてくるやり方は、正にイノシシのそれです。イノシシの様に舞い、イノシシの様に刺す。
ぬう、これはまさしくイノシシ殺法・・・!

そのまんまやないか(CV:犬山あおい )。

閑話休題。
結局あと2回くらいツノでしばかれて草。
いや笑い事ではありません。ツノの角度がちょっと違ってたら。退避が遅かったら、または踏み込み過ぎてたら、ぐっさりツノがぶっ刺されるかもしれません。

イノシシ相手でこんな感じの時には、運搬用のソリを盾代わりに使うんですが。
オスシカ相手だと今まで不要でしたので、軽トラに置きっぱのまま。
それを取りに戻るか、或いは自分を囮に上手いことシカを誘導して、再びワイヤーを木に巻き付かせて移動圏を狭めるとか。手は幾らでもあるんですが、ちょっと時間をかけてはいられない状況になってました。
というのも、上の写真で隠蔽してる部分なんですが。
一晩で相当暴れ回ってくれたようで、ワナに掛かった足が既に折れかけていました。
折れかけというか、骨とお肉はぶっちり千切れてて、皮と腱でなんとか繋がってる感じ。

そんな足で、さっきからガッチャンガッチャン暴れてくれてるワケですよ。いつ足が完全に千切れてしまうか判らない状況。
そーなっても逃げてしまうなら良いですけど(いや良くないですけど報奨金的な意味で)、コイツの場合、そのままこっちへ突撃してきそうな予感がビシバシと。いえ普通は逃げてくれる筈ですが、なんかそういう眼をした。

といった次第で、急がなければいけないけど危ないんで安全対策しないとだけど時間がないけど以下ループ。17,000円と命を天秤にかける男すなわち僕。ぬう。

・その後。割とあっさりくくり棒が引っ掛かって、結局無事に止め刺し完了しました。オチなし。
ていうかオチがあったら僕の生命健康に支障が生じてましたが。
記録を確認したら、体重43kg。4本ツノにしては割と慎まし目のサイズでした。それなのにドッタンバッタン大騒ぎでしたよ。
獣道と最寄りの木がそれでも少し離れていた為にワイヤーを長くせざるを得なかったこと、全くの平地なので走りやすかったことが敗因かと。ぬうう。

・デカいオスシカは必ず危険なのかというと、そんなワケでもなく。
自分が見てきた中で、最大のオスシカがこちら。
20180611_062413
これだとサイズが判りにくいかもしれません。
身長180センチ弱の僕と一緒に映った写真がこちら。
20180611_094416
実に体重、101キロ。僕ではなくシカのことですので念のため。
この辺では、80キロ級で大物クラス。90キロ超えは中々ないです。年に数頭レベル。
100キロオーバーは3年間勤めてこれしか見たことないです。

一人だと運搬も積み込みも絶対に不可能でしたが。
この日は偶然にも近所の農家の人達が見物していて、手伝って下さって三人がかりだったので支障なく。日頃の行いがモノを言うのですよふふん。
それはともかく、そーいった理由ですのでそこまで重いとは思ってなくて、会社に搬入してから測定してビックリでした。

そんな100キロ級のコイツですが、止め刺しの際にはひたすら逃げようとするばかり。走ってドカーンとかではなく、向うの方でうぃーんと引っ張って引っ張って何とか頑張ってるだけで。
流石に足首周辺はボロボロでしたがそれだけで。横からエイッでぷすりでドサリでグサーですよ。
なんという恵体の持ち腐れか。いえ活用されても困るんですけど。

【閲覧注意】日本語は正しく美しく

・猟期が始まって数日。早くもあちこちの猟師さんから獲物が掛かったと連絡を頂き、ありがたくも忙しく走り回っております。
僕自身の猟果ですか?はっはっは。

閑話休題。
昨日のこと。とあるお得意様の猟師さんから、
「捕獲檻にシカが掛かったけど、扉に頭が挟まって死んでしまっているみたい」
との連絡がありました。

・止め刺しするまでに死んでしまった獲物は食肉として使用出来ませんし、弊社ではペットフードへの流用も禁じています。他所は知りませんが。
本来なら御自身で片付けて下さいと返答して終わりなんですけれども。こちらの猟師さんは頻繁に獲物を捕らえては提供して頂いていて、特にこれからの季節にイノシシを捕獲檻にてバシバシ獲りまくる名人でいらっしゃいます。
なので、人足の提供などお安いこと。片付の手伝いに出発しました。

・ところで。
捕獲檻の扉に獲物が挟まって死ぬ、ということがあるのか?とお思いでしょうか。
「場合によっては」偶にあります。

捕獲檻がどういった仕組みなのかは、詳しくはGoogle先生に訊いて頂きたいんですけれども。
落とし扉をワイヤーで引っ張り上げて、その端っこを金具で捕獲檻の壁というか柱というかに引っ掛けます。
その金具にテグスなり針金なりの糸を結んで捕獲檻の中にピンと張って米ヌカなりクズ野菜なりのエサをばら撒いておいて、入って来た獲物が糸に触れると金具が外れて扉が落ちて閉じ込める、と。
ざっと言えばこんな感じ。

つまりは、扉が閉じる動力は重力オンリーな自由落下ですので、最初の一瞬だか半瞬だかはスロウリーなワケですね。そして頑丈な鉄製の落とし扉を支えている金具は、その名の通り金属製でして。外れる瞬間には捕獲檻に当たってカチャンと音を立てるのは避けられない道理。

なので。異音がしてから扉が落ちきるまでの僅かなタイムラグに、野生の反射神経と瞬発力でもって脱出してしまう場合があるのです。
脱出できないとどうなるのか?
完全に手遅れだと、中に閉じ込められて捕獲完了。
そして中途半端に遅れた場合、扉に挟まれてしまう次第です。

大人のイノシシだと、体で扉を支えてその間にウリ坊を逃がしてからグリグリ脱出したりもするようです。ようですというか、以前ようつべで観たことあります。親の愛でもって主体的に逃がしたのか、うっかり挟まった隙にジャリどもが勝手に逃げてっただけなのかは存じませんけど。
で。時として軽トラに打ち克ったりする魔獣・イノシシならともかく、ウリ坊やタヌキとかの小動物だと、扉の重みで圧殺されてしまう場合もあり得るのです。それこんな風に。

タヌキ

流石に自主規制。ちなみにこれ・・・タヌキです・・・。
あたかもギロチン風味ですが、首チョンパまでは行ってません。迂遠な言い回しをすれば、デスメタルのステージに立ったら強烈なヘッドバンキングで観客を魅了しそうな、そんな具合。

・今回も、そーいった感じになってるんかなー、とか考えながら軽トラ走らせていたんですけど。途中でふと疑問に思いました。

はて、あの檻そんなにデカかったっけ?

何度もシカやイノシシを獲りに行ってる現場なんですが。そこの捕獲檻の扉の高さはせいぜい150センチとかその程度ですよ?足が長くて体高が高く、加えて首も長いシカが、そんな扉が落ちきるまでの間に、狭い檻の中でぐるっと反転して頭を低く走り抜けようとして、挟まった?
なんかちょっと想像できない。
ていうかそもそも、捕獲檻の扉に挟まれた獲物って前述のとおり小動物系しか自分は知らないんですが。シカって、ウマみたく頭を高い位置のままで走るものなんじゃないんですか?少なくとも見回り中に偶に見かけるフリー状態のシカは何時もそうなんですけど。木の枝を躱す際とかは、まあ頭を下げはするか。でも肩までの体高だけでも大したものですよ?
これは一体どーゆう事なの。首を傾げながら現場についてみると。

20181116_134131

そーゆう事かYO!

挟まってる。まあ挟まってる、か?んんー?
挟まってるってなんだ。
「異なる物体同士、もしくは可動する別々の部位同士をもって、第三の物体を抑え込んだ状態」
勝手に定義してみましたが、間違ってはない筈。
この観点に基づいて上の写真を見てみますと、異なってないし可動もしないし。頭突っ込んで抜けなくなってるだけやんけ。やだもー。
頭を挟んで死んでるみたい、という言い回しから、既知の事例を連想してそのつもりになってましたよ。
いや、これも確かに挟まってると言うんでしょうけれども。ギギギ。

・そう、死んでるみたい、という言について。
確かに身じろぎもせず棒立ち状態のままで、立ったまま死んでいるかのようでした。
で。取り敢えずどんなハマり具合なのかと頭を掴もうとした瞬間に暴れ出しました。
生きてる!動いてる!
て言うか、めっちゃ元気やんけ。
動かなかったのは疲れ果てていたからなのか、或いは茫然自失としていたからだったようです。

軽トラのタイヤが片側の前後両方とも側溝にハマったみたいなものと思えば気持ちは判りますけど。
ほんっと判りますけど。ていうか止めてくれその言い方は僕に効く。止めてくれ。

・閑話休題。
タダ働きが一転して獲物の収穫となったのは喜ばしい事。
会社へその旨を連絡完了してさて始めるかと準備完了したところで、しかしこれは一体どーしたものか。
弊社では、止め刺ししてから一時間以内に会社へ搬入すべしという社内ルールがあります。そしてこの現場から会社までの所要時間はおよそ30分弱。
なので、止め刺し完了後は通常以上にのんびりしていられない為、頭を引っこ抜くのに手間取ることになってはいけません。生きてるうちにどーにかしなければ。

とは思ったんですが、思っただけでどーにかなってればこのシカも苦労はしていません。
マンガか!と言ってやりたいくらいにガッツリとハマり込んでくれてます。
耳とか皮とかお肉とか以前に、骨格レベルでもうダメな勢いなんですけど。
どこまで頑張ったらここまで刺さるとゆーのか。

しかしなんですな、生きてるシカの頭をここまでいじくり倒したのは初めてなんですが。
噛み付くという発想は、ホントに無いんですなー・・・この個体だけの話かもしれないし、仔ジカ、あるいはメスシカだからなんかもしれませんが。別に噛み付かれたいワケでもありませんし文句も無いんですけどね。

・これはもう逆転ホームラン。生きてるうちに頭を外すんじゃなくて、生きてない状態にしてから(婉曲)頭を物理的に外す(暗喩)しかないんでしょうか。
でも道具が無いなー。
普段の見回り、或いはくくりワナに獲物が掛かってる場合には、枝やら雑木やらを切る事態に備えてノコギリやナタを持ち歩いてるんですが。農道の脇の捕獲檻と分かっていたので、止め刺し用の薄刃のナイフしかありません。
これで首をもぐのは相当ホネです。ネックなのは首のホネ。首だけに。そしてホネだけに。

そもそも、処理施設外でそんなに大きく切開するのは衛生的にアウトですし。
もはや食肉利用は諦めて、ペットフード用として処理すべきなのかどーなのか。ぐぬぬ。

・結論として。
頭を外さなくても、外すことが出来ました。
取り敢えず脱力させてみたら(意味深)、なんか角度が変わったのか筋肉の力みが取れたからなのか案外スポっと引っこ抜けてやれ一安心。持って帰って処理した結果(隠喩)、クビ肉は流石に無残なことになってましたが他の部位はむしろ良質なほどでした。

バンビちゃんに毛が生えた程度の小サイズで軽いシカで良かった。頭の抜けないままでも扉を持ちあげて脇から入って引っ張るとか色々できましたからね。
これが50,60キロとかになって来るとそうもいかず、大変なことになってたでしょう。
いや待て、そんなデカいと頭刺さらずこんな事態になってないのか。ぬう。

なんかもう日々勉強というか。毎日毎回が新鮮なのは良いことかも知れませんけど、もうちょっとフラットでも宜しくありませんかよ。


安物買いのなんとやら

・とある一日。
この日の獲物は、ご近所の農区が管理する箱ワナに入ったイノシシ3頭。
20181030_064227

くくりワナだと爆弾同然に危険な相手ですが、箱入り状態ならば安全安心です。
鼻歌まじりで止め刺し前の企業秘密兵器を構えて追い込みをかけていたら、「ブツッ」みたいな異音と共に急に体が軽くなり。
何かが落ちた足元を見ると、企業秘密兵器を収めているボディバッグが、底とついでに肩ベルトの付け根部分が破れてしまってました。

20181030_085336

もー。
たかが2kg足らずのバッテリーその他を詰めて3年ほど担ぎ倒した程度で破損するとは何という腑抜けか。腑抜けというか底が抜けたんですが。
1000円以下の安物であることとは全く無関係な事態ですよええ間違いなく。

・この日の現場が箱ワナだったのは不幸中の幸いでした。
これがくくりワナで、イノシシとかオスシカとかを追い込んでる最中にこんな事になっていたら、バッグに気を取られた隙をつかれて反撃くらって アッー!な可能性もあったわけですし。
そう考えると今日ぶっ壊れてくれたのはむしろ正真正銘のラッキーと言っても過言ではないのではないでしょうか。
うむ、前向き。

・この場では、バッグを地面に置いたままで普通に作業(意味深)を完了できましたが、早急にどーにかしないとくくりワナではそうは行きません。
安全ピンと強力ガムテで補強して済ますことも考えましたが、万が一の場合にはマジ命に係わりますので、その日のうちにキッパリと新しいバッグを購入してきました。

ええ、全く同じ1000円以下のボディバッグを。

・ツッコミ禁止。いや、考えてもみたまえよ?
例えば奮発して5000円のバッグを購入したとして、じゃあ5倍の15年近く破損無しに使えるのかといえば、そんな筈はないでしょーし。
それに耐久性は残念でしたが、関係道具などを入れておくポケットの数や位置、本体の容量に作業中(意味深)の体へのフィット感など使用感には不満は無かったというかむしろバッチコーイな逸品でしたし。
3年程度で破損すると知ったなら、3年後に注意しておけばよいだけの話です。

     「覚悟した者」は「幸福」である


                   ───── エンリコ・プッチ

うむ。

・一応対策として、穴の開いたTシャツとかを底に詰めて、バッテリーの角が当たらないようにはしてみました。これで5年くらいも使えたら上等じゃないでしょうか。安上がりこそ、人類が最大限追及すべき幸福ですよ?

アナグマを探せ!(レベル1)

20181017_070721
・久しぶりに獲れたアナグマ。
いえ別に嬉しいわけじゃないというか、きっぱりと迷惑ではありますが。
その辺は先方も同意見のはずですので、お互い様という事で即ちドロー。

・当地で有害鳥獣に指定されている小動物は、タヌキ、アナグマ、ハクビシン、アライグマ。
そのうち最も凶暴なのがアライグマならば、最も凶悪なのはアナグマだと個人的に思ってます。

小動物が等しくやらかしてくれるのが、小回りを利かせて脱出を試みた結果、その辺の木やら枝やらにぐるんぐるんに巻き付いてワイヤーやバネを駄目にすることです。
上の写真でも、判りにくいかもですが右足の辺りで若木に雁字搦めに絡みついてます。
ほどいてみたらホレこのとーり。
20181017_072947
見事にキンクしてます。
(※「キンク」【意味】ワイヤーに折れ癖がついたり縒りが緩んだりすること。時を消し飛ばすとかではない)
こーなってしまうと、ワイヤーをキンクした所で切断したりいっそ交換したりして、ワナを修繕する必要があります。シカとかイノシシだとこうなる「場合もあります」。小動物の方が発生率が高く、かつ貰える報奨金は安くてぐぬぬ。

加えてアナグマの場合、上記の写真で一目瞭然、周囲を掘って掘って掘りまくってくれやがるのが凶悪と評する理由です。
この現場とか、ここまで急斜面じゃなかったはずなんですけれども。
20181017_073005
こちら、アナグマのお手手。その名の通り、クマっぽい手です。引っ掻かれたらシャレで済まなそーな爪でガンガン土とか掘り返してしまいます。
体躯が小さい分イノシシよりマシではありますが、迷惑度について遜色なし。当分この現場使えませんわ。

・アナグマを、タヌキやハクビシンと見分ける特長の一つが涙滴型と呼ばれる、頭が小さく腰回りがでっかいずんぐりむっくりした体型です。特にコイツなんて、もう冬備えを始めてるのかでっぷり肥えてめちゃ重かったです。にゃんこ様くらいのサイズですが5キロどころじゃなかったはず。実に食いでがありそうでしたが、弊社ではアナグマ肉は扱っていないためそのまま有害鳥獣用焼却施設へゴーです。済まぬ。

ジビエ生産施設によっては、アナグマやハクビシンのお肉を扱っている会社もありますので興味のある方は探してみては如何でしょーか。
自分もこれまで何度かアナグマを食べたことがありますが、いずれも中々美味しゅう御座いましたよ?

オスジカを探せ!(レベル15)

・ある朝、いつもの見回り中。ワナのひとつを目指して歩いていたら、目の前の風景になーんか違和感が。

20181018_070659

この中にオスジカが隠れています。何処でしょーか?




・正解はこ↑こ↓

20181018_070660

20181018_070700

通常だと、人の気配がすると向かってくるなり逃げようとするなりしてバキバキガサガサ音がしてこちらも獲物が掛かっていることに気付くんですが。
じっと潜んで様子をうかがっている場合もあるにはありますけど、こんな形でバレバレな状況は珍しくてなんかフフッてなっちゃいましたよ。

・傍まで行ってみたらこんな状況。
20181018_065954
オスジカ59kg。うちらの地域ではまあまあ良い感じにビッグなサイズです。

草に隠れて見づらいですが、画像左側の灌木に固定したくくりワナが、左の後ろ足に掛かってます。
モモ肉が傷まないよう前足でワナを踏むように工夫してはいたんですが、自分如きの腕でそうそう上手くも行かずぐぬぬ。

・けど解体作業をしたパイセン曰く、箱ワナかと思ったくらい綺麗で傷みのない屠体だったそうで幸いでした。
なだらかな地勢で、けど自由に走り回れはしない程度に足場のよろしくない現場だったのが功を奏したみたいです。勿論こうなるということをこの私はあらかじめ予想していました。ええ勿論無論。
プロフィール

そぶりんけん

  • ライブドアブログ